三井ホームで注文住宅を建てる方へ【もう一度建てるなら採用したい仕様】

当サイトではこれまでに、三井ホームの住宅仕様について、後悔した点や問題と思われる点をいくつか書いています。そのため、それを参考に三井ホームでのオプション仕様を検討される方もいらっしゃいます。

ここでは、よく受ける質問や、オプション仕様とする場合の注意点、私がもう一回建て直すとしたら採用したいことなどについて、まとめて紹介したいと思います。参考までに、わが家の仕様や地域別の注意事項についてはこちらに書いています。

スポンサーリンク

断熱性能に関して

三井ホームの断熱仕様について、当サイトで指摘しているのは、屋根の断熱が弱いことと、標準仕様の窓の断熱性能が高くないことです。

屋根のオプション対応

ホントは安いエコハウス』では屋根の熱抵抗の最低ラインが 5 と書かれているのに対し、三井ホームの DSP(ダブルシールドパネル)の熱抵抗は約 3.8 と、なかなか足りてません。

以前は標準の 6 インチに対して 8 インチの DSP(ダブルシールドパネル)が選べたようですが、残念ながら現在は製造していないようです。そのため、8 インチが標準になれば一番いいのですが、現状の選択肢としてはロックウールの断熱を付加するか、諦めるか、ということになります。

強化したほうがいいことは確かですが、付加断熱はなんとなくスッキリしないし、コストがかかりそうなので、私なら検討だけして結局あきらめるかもしれません。

窓のアップグレード

最近の温暖地の高断熱住宅では、サーモスX や APW 330 の樹脂スペーサー仕様が人気です(参考:【高断熱ペアガラス】サーモスXと APW330 の比較)。全館空調の暖房費は断熱性能(Q 値)にほぼ比例するし、Q 値を上げる方法としては、高断熱窓の費用対効果が高いからです。

参考
UA値、Q値が冷暖房費に比例しない理由
断熱性能は窓、壁、換気で決まる(部位別の断熱性能比較)【更新】

いっぽう、三井ホームの標準仕様は現在も、それより劣るサーモスII-H です(追記:APW 330アルミスペーサー仕様が標準になったとの情報もあり)。そのままでも全館空調を採用する場合には大きな問題はなく、アップグレードする場合に追加費用を光熱費で回収できるかというと、なかなか時間がかかるかもしれません。

しかし、全館空調を採用しない場合には快適性に大きな差が出るし、全館空調を採用する場合でも、全館空調が直接入らない風呂やトイレの低温改善、加湿時の結露のことを考えると、アップグレードしたほうがいいのかな、と思います。

参考
全館空調の部屋間の温度差を測ってみた【追加版】
ペアガラスの結露の発生量を実際の画像で比較する
トリプルガラスへのアップグレードで元は取れるか?

ただし、APW 330 ペアの樹脂スペーサー仕様は三井ホームでは特注となり、高くつくので意外と採用しづらいところがあります。APW 330 ならペアガラスの樹脂スペーサー仕様よりも真空トリプルのほうが安いということもあり、三井ホームでは、ペアのアルミスペーサー仕様か、サーモス X か、真空トリプルかといった選択になりそうです。

断熱性能の高い真空トリプルが安く採用できるのであれば魅力的ですが、この場合、防犯合わせガラスや日射熱取得型Low-Eガラスを選択できないという情報もあります。生活タイプや地域などによって最適解は異なりそうです。

また、真空トリプルを採用するとなると、全館空調が過剰設備になってくるという問題があります。全館空調は三井ホーム標準の断熱仕様をベースとして設計されており、10kW 以上くらいの冷房能力があります。全館空調の冷暖房能力が過剰というのは、APW 330 ペアガラス(アルミスペーサー)にアップグレードしたわが家でも実感することです。全館空調についての詳細は、後述します。

参考
高断熱住宅に最適なエアコン能力を検討する(全館空調は非効率?)
防犯合わせ複層ガラスは必要か
暖房負荷から必要なエアコン能力(kW)を計算するツール

国産スギ材の活用

ツーバイシックス工法は外壁に占める枠材(熱橋部)の割合が高いため、木材からの熱損失が大きい傾向があります。この熱損失を減らすには、一般的な SPF 材よりも熱伝導率が小さいスギ材を使うことが有効と思われます。

三井ホームの子会社である三井ホームコンポーネントは、ツーバイフォー工法における国産材利用を推進しています(参考ページ)。

建てた後に気づいたことなので打診したことはありませんが、私としては三井ホームで是非採用したい仕様です。興味のある方は聞いてみてください(結果をご報告いただけると幸いです)。

詳細:熱橋部の計算からわかった国産スギ材ツーバイシックス工法の意外なメリット

気密性能に関して

三井ホームの温暖地標準仕様では、C 値 1.0 を切る高気密は困難です。しかし、いろいろ考えるとやっぱり実現したいものです。

H25 省エネ基準では、等級 4 の仕様として気密工事が定められており、住宅金融支援機構の工事仕様書を見ると、温暖地では C 値 5.0 以下相当、寒冷地では C 値 2.0 以下相当の仕様が規定されています。わが家の仕様を見ると、三井ホームの標準仕様はこの標準仕様に基づいており、気密を取りやすい面工法のおかげで概ね C 値 2.0 以下になっているものと思われます。

まだ確認が取れていないのですが、『本音のエコハウス』によると、H28 省エネ基準では温暖地でも C 値 2.0 以下相当の仕様になるという情報があります。これが現実になっているのであれば、気密シートの厚さが 0.1 mm から 0.2 mm になるなどの変更が行われ、枠組壁工法の三井ホームなら C 値 1.0 以下にはなるのではないかと思うのですが、現在はどうなのでしょうか。

いずれにしても、寒冷地と同じ気密仕様は温暖地でもそのうち標準化されそうなので、これには期待が持てます。まだ対応していなければ、寒冷地並みの気密仕様を求めたいものです。

なお、三井ホームで高気密といえば以下のサイトがあり、大変参考になります。

三井ホームで高気密の家!?
三井ホームの限界とは?

参考
C値(相当すき間面積)について
第一種換気に要求される気密性能についての疑問
温暖地で気密性能 C 値を改善する方法

全館空調・換気システムに関して

全館空調を採用するかどうか

窓の項目で少し触れたように、窓を高性能化すると全館空調が過剰になる問題があります。窓をトリプルガラスにした三井ホームの断熱レベルはスウェーデンハウスに近づくため、スウェーデンハウスと同様、1、2 台のエアコンで十分に全館暖冷房を行えるようになるからです。

全館空調 vs. エアコン(全館空調のメリットが得られる条件)

高額な全館空調を採用しなくても同様に快適な住宅が実現するならば、それも良い方法だと思います。

全館空調には、外観・室内ともに「見た目がすっきりする」、「各部屋のプライバシーを確保しやすい」というメリットもあるので、さまざまな観点から検討することをお勧めします。

三井ホームで全館空調なしという選択
個別エアコンにできて全館空調にできないこと

全館空調に関するまとめ(記事紹介)

全館空調を採用しない場合のオプション

コストを抑え、全館空調を採用しない場合には、さまざまなオプションが考えられます。

エアコンで温度差を小さくするためには、高断熱にして開放的な間取りにし、エアコンの設置場所を考えて連続運転したり、第一種換気を採用したり、換気口の位置を考えたり、CF(循環ファン)を導入したりと、全館空調とは異なるさまざまな工夫が必要になります。

トリプルガラスレベルでは温度差が発生しにくいため、こうした対策の必要性は小さくなりますが、ペアガラスではこうした工夫が特に重要になってくるでしょう。設計者がどこまで適切に対応できるかは未知数なので、自分でも勉強して考える必要がありそうです。

断熱仕様を変えずに家中の温度差を小さくする方法
高断熱ペアガラスでエアコンを連続運転するとどうなるか?【アンケート結果】

最近では三井ホームもルームエアコンによる全館冷暖房を試行しているようなので、こうした設計にも対応できるようになってくるかもしれません。

第一種換気を採用するかどうか

全館空調を採用しない場合でも、三井ホームで全熱交換型の第一種換気システムを導入することは可能なようです。フルオーダーかセレクトオーダーかによって違いもありそうですが、ダクトレスはともかく、Panasonic のダクト式第一種換気は採用できそうです。

暖冷房費の効果は小さくても、湿度を管理しやすくしたり、部屋間の温度差を小さくする効果は期待できます。

熱交換型換気は必要か
熱交換換気(80%)の給気温度は本当に暖かいのか実測してみた

第一種換気(全館空調)を採用する場合の注意

全熱交換型第一種換気を採用する場合、わが家と同様に熱交換されるのは一部だけという問題があります。局所換気の悪影響を小さくするためには、浴室換気扇のスイッチを「強/弱」のみではなく「オン/オフ」できるものにするのがよいと思っています。浴室の乾燥についてはこちらに書いたとおりです。

Low-E ガラスは遮熱タイプか断熱タイプか

冬の日射熱取得を考えると、高断熱住宅では温暖地でも南面は遮熱タイプではなく断熱タイプの Low-E ガラスが勧められることがよくあります。

温暖地の三井ホームではすべて遮熱タイプというのが標準ですが、窓シリーズによっては安く断熱タイプを採用できることもあります。

全館空調と日射熱取得は相性が悪いので微妙ですが、わが家のように関東レベルの温暖地の南面で、軒の出やベランダによる直射日光の遮蔽が可能である場合に限っては、断熱タイプを選んでもよいのかなと思います。ツーバイ工法では大きな窓に制約があるため、大きな効果は期待できませんが、オーバーヒートの心配も小さいのではないでしょうか。

日射の管理で実現する省エネ住宅
冬に日射熱でオーバーヒートしないかチェックする方法
日射熱による暖房費節約効果を消費電力と日射量計算から推定する

その他全般

バルコニーや網戸など、高断熱住宅で不要なもの、あると望ましいものについては以下でまとめて紹介しています。

高断熱住宅で不要になるもの、あると望ましいもの 【コスト削減】

フローリングについては好みですが、こんな記事も書いています。

後悔している住宅仕様:無垢の挽板フローリング

最後にお願い

当サイトなどを参考に三井ホームの標準仕様から変更した結果、想像とちがった、失敗した、良くなったなどということがあれば、お手数ですがフィードバックをいただけないでしょうか。

問題があっても金銭的な責任はとれませんが、今後や過去の記事改善に反映させていただきます。

問い合わせフォームはこちらです。今後の三井ホーム・オーナーのためにも、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました