高気密・高断熱住宅に関するまとめ(記事紹介)

シェアする

高気密・高断熱住宅というと専門的でむずかしいイメージがあります。何だかマニアックな分野のような気がして深入りするのを避けてしまったり、最近の住宅なら昔より高性能だし問題ないだろう、と思ってしまいがちです。

しかし、高気密・高断熱というのは、健康で快適な住宅に住みたいのであれば、こだわるべき最重要項目だと思います。

このページでは、当サイトの記事を紹介しつつ、高気密・高断熱住宅についてまとめてみました。

高気密・高断熱にこだわるべき理由

高気密・高断熱を重視せずに家を建てた場合、高気密・高断熱住宅で受けられる多くのメリットを逃すことになります。なぜなら、日本の一般的な住宅は、高気密でも高断熱でもないからです。

このことは、大手ハウスメーカーの住宅であっても同様です(一部を除く)。

一般的な日本の住宅では不十分

一般的な断熱性能の住宅では、家の中に寒い場所や暑い場所ができ、快適な生活が得られないだけでなく、健康上の問題もあります。

次世代省エネ基準の高断熱・高気密住宅では本当に快適な住環境は得られません。関東以西でも北海道レベルの高断熱・高気密住宅にするメリットについて説明します。

たとえ高断熱を売りに販売されている住宅であっても、本当の高断熱住宅とは言えないケースも多々あります。

平成25年改正省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)というものがあります。この基準を満たすと、断熱等性能等級 4 (最高等級)に認定され...

高気密・高断熱住宅のメリット・デメリット

高気密・高断熱住宅のメリットはたくさんあります。

高断熱・高気密住宅のメリットは何でしょうか。 まず第一に、省エネルギーで環境にやさしいことです。冷暖房にかかるエネルギーが小さく済むの...

ちなみに、主なメリットである「温度差が小さくなる」理由は次のとおりです。

断熱性能の高い住宅ほど部屋間の温度差が小さくなると言われていますが、実際どのくらい小さくなるのでしょうか。わが家のある一部屋をモデルとして単...

一方でデメリットも多少はありますが、多くは誤解に基づくものです。

高断熱・高気密住宅のデメリットと言われていることが実際は誤解に基づいているということについて説明しています。

乾燥するという問題はありますが、暖かくする以上は避けられない問題であり、寒いよりはマシです。

高断熱・高気密住宅は冬に乾燥するという話をよく聞きます。 一条工務店、スウェーデンハウスに住んでいる人のクチコミなどでよく見かけます。...

高断熱住宅は高い?

高断熱にするためにはコストがかかりますが、高気密・高断熱を実現しやすい住宅の仕様はあります。これに近いほど、比較的低コストで高気密・高断熱住宅を実現することができます。たとえば、一般的に木造住宅の方が鉄骨住宅よりも安く高気密・高断熱住宅にすることができます。

高くなりがちな高断熱・高気密仕様を安く実現するにはツーバイシックスがお勧めです。木造軸組工法で高断熱・高気密にする方法についても検討しています。

一般的な木造住宅では、高断熱にしたほうがトータルコストは安くなります。

当サイトは温暖地で Q 値 1.6 以下を推奨していますが、これは最も経済的(=トータルコストが最小)ということではありません。トータルコス...

断熱性能と気密性能を表す指標

真の高気密・高断熱住宅かどうかを判断するには、断熱性能と気密性能を示す指標について理解する必要があります。

断熱性能を示す UA 値と Q 値

断熱性能を示す指標として、UA 値(外皮平均熱貫流率)と、Q 値(熱損失係数)があります。

Q値とUA値の違いと注意点について。UA値は複雑な形状では熱損失が増えることが考慮されず、換気による熱損失も反映されません。Q値はこれらも考慮されますが、高い天井高や屋根断熱は不利に出ます。変換式も紹介しています。

このうち、Q 値は一定の条件下で冷暖房費にほぼ比例します。Q 値などの条件が変わると暖房費がどれだけ変わるのかは、次の計算ツールにより確認できます。

全館暖房を行った場合の 1 カ月の暖房費用(エアコン電気代など)を推計するツールを作成してみました。 誤差が生じる要因はいろいろとあり...

ただし、多くの住宅の条件では、冷暖房費は Q 値に比例しません。

外皮平均熱貫流率(UA値)とは、内外の温度差が 1 度の場合の部位の熱損失量の合計を外皮等の面積の合計で除した値であり、断熱性能を表す指標...

果たして、真の高断熱住宅と言えるのは、どの程度の断熱性能なのでしょうか。

断熱性能について、どの程度のQ値(UA値)で光熱費をどれだけ節約でき、どのような快適さが得られるのかを具体的に説明しています。

おすすめの UA 値と Q 値

当サイトでは、次のレベルの断熱性能を推奨しています。

Q 値 1.6 以下(できれば 1.4 以下)または UA 値 0.46 以下(できれば 0.4 以下)

断熱性能を表す Q 値や UA 値は小さいほど良いといいますが、小さくするほどコストがかかります。北海道などの寒冷地では Q 値 1.0 以...

気密性能を示す C 値

気密性能を示す指標は、C 値(相当隙間面積)です。あまり見慣れない指標ですが、実は非常に重要です。

断熱性能に比べ、気密性能(C 値)は軽視されがちです。日本の大手ハウスメーカーや省エネルギー基準においても多くの場合、軽視されています。その...

C 値の注意点、工法別のデータ、経年劣化などについては次のページで説明しています。

気密性能を表す指標としてよく使われる C 値(相当すき間面積)について紹介します。なお、「すき間相当面積」という表記も見かけますが、住宅金融...

真の高気密住宅と言えるのは、どの程度の断熱性能なのでしょうか。当サイトでは、C 値 1.0 以下は目指すべきと考えています。

気密性能(C値)について、どの程度で断熱性能を確保され、湿度を管理することが可能なのかについて解説しています。

断熱性能を上げる方法

断熱性能を決める要素は次のとおりです。

断熱性能を上げるためにはどうすればよいでしょうか。 まず始めに、壁と窓の熱貫流率(W/㎡・K)を確認してみましょう。熱貫流率とは、材料の厚...

窓のグレードアップを検討している方には次の記事をおすすめします。

技術大国日本にしては意外なことに、窓ガラスの断熱性能や気密性能は世界的に見て低レベルなものでした。しかしながら最近は LIXIL や YKK...
窓の断熱性能を比較する指標は、熱貫流率(U 値 )です。窓の内外で温度差が 1 ℃あるとき、単位時間あたりに窓面積 1㎡ を通る熱量(W)を...
高断熱住宅に欠かせないのが、複層ガラスです。住宅展示場を初めて見た頃はペアガラスであるだけで「すごい!」と思っていましたが、一口にペアガラス...

超高断熱にするためには熱交換型換気を採用する必要がありますが、いくつか注意点があります。

「熱交換率 90% の換気システム」があることを知れば、それはあるに越したことはない素晴らしいものだと思ってしまいます。が、実際のところ必要...

気密性能を上げる方法

標準以上に気密性能を上げる方法としては、気密工事を寒冷地仕様にしてもらうのがお勧めです。

気密性能を重視していない木造住宅(在来軸組工法)の場合、温暖地の新築住宅の気密性能は、C 値でおよそ 5.0 以下のレベルになります。 ...

高気密・高断熱住宅をどこで建てるか

次のページをご覧ください。

高気密・高断熱住宅はどこで建てられるのでしょうか。このページでは、当サイトの記事を紹介しつつ、住宅業者選びに役立つ情報をまとめてみました。 ...

フォローする