さとるパパ

高気密高断熱住宅

APW330で床温度が上がる効果をアルミ樹脂複合サッシと比較してみた

住宅の外皮において単位面積当たりの熱損失が最も大きいのは窓です。この窓の断熱効果が高いほど、家は暖かく保ちやすくなります。暖房をかけまくれば関係ないと思うかもしれませんが、窓の断熱性能は周辺の床温度にも影響してきます。 そのことを確認...
全館空調・エアコン

室内温度差は暖房を使う時間によって小さくできる

家を暖かくするためには、室内の温度差を小さくすることが効果的です。床と天井の温度差が小さいと、足元が寒くならないので快適です。そのためには、高断熱住宅で連続暖房を行うのが理想です。 寒さを感じてから暖房を付ける間欠運転では、暖房をオフ...
ハウスメーカー・住宅会社

結局どこの住宅会社が良いのか?と聞かれたら…

「このハウスメーカーはお勧めできるか?」という類の質問を頂戴することがたまにありますが、こうした質問に対して期待されている回答をすることはできません。そのハウスメーカーに対してまったく知識がないわけではありませんが、部分的なことしか知らず、...
全館空調・エアコン

ダイキンの「うるる加湿」の効果が期待できない理由

ダイキンの「うるるとさらら」シリーズのエアコンには、「うるる加湿」という無給水加湿機能が搭載されています。エアコンで加湿できるのはダイキンだけであり、エアコン暖房に伴う乾燥に悩まされる人にとっては非常に魅力的な機能に思えます。 加湿は...
ハウスメーカー・住宅会社

ハウスメーカーのUA値から逆算して試算条件の住宅モデルを考えてみた

多くのハウスメーカーは標準仕様の断熱性能として UA 値を公開していますが、これには大抵、ただし書きで「※当社試算プランによる。お客様のご希望プランによって数値は変わります」などと書かれています。UA 値が設計によって変わるのは当然ですが、...
高気密高断熱住宅

APW 330に発生してしまった黒カビの対策

いくら高断熱ペアガラスの樹脂サッシ窓といえども、生活の仕方によって少しは結露も発生します。この結露も量は少ないので放っておけば乾きます。しかし、それを何年も放置していると、さすがに黒カビも発生してしまいます。。 関連 窓サッシにカビが...
その他

調子に乗って電子書籍を出版してしくじった話

先日、私は人生で最初で最後の電子書籍を出版しました。しかし、応援してくださった方々には本当に申し訳ないのですが、正直、しくじってしまったと思っています。 すべて私の力不足です。今回は、その失敗の原因を自己分析し、反省したいと思います。...
高気密高断熱住宅

窓サッシにカビが生えていました…(エピソード)

年末になって慌てて掃除しようとしている今日この頃ですが、ショックなことにカビが生えていました。 わが家の窓は基本的に樹脂ペアガラスの APW 330(アルミスペーサー仕様)ですが、一部だけエピソードという Uw=2.33 レベルのアル...
全館空調・エアコン

省エネ基準を満たす住宅のエアコンは間欠運転でも2サイズ小さくてよい?

高断熱住宅で連続暖房を行う場合のエアコンが畳数表記と大きくかけ離れていることは以下に書きました。 ・暖房負荷から必要なエアコン能力(kW)を計算するツール 畳数表記が合わないのは、1965年頃の断熱材のない住宅を基準として定めら...
全館空調・エアコン

必要暖房能力を求める2つの計算式の違いについて

先日出版したKindle本『高断熱×連続暖房でつくる「超快適」住宅』がAmazonランキングの「住宅建築・家づくり」分野でランクインしておりました。お読みいただきありがとうございます。ただ、さっそく低評価レビューでご指摘いただいたように、「...
タイトルとURLをコピーしました