さとるパパ

その他

うちの窓を何度もたたいてくるのは誰? Low-Eガラスのデメリット?

家にいると、何者かが外から窓ガラスをたたく音が聞こえてきます。 確認しに現場に行くと、型ガラスなのでよく見えませんが、何か小動物がぶつかってきている様子です。 何度も何度も、執拗に。 よく見ると、鳥のようです。 別の場所...
省力管理の芝生・庭木

庭木ミカン最強説!

いろいろな庭木がありますが、最強はミカンの木です。 *あくまで個人の見解です。 ミカンは温暖地の戸建住宅の庭に昔からよく植えられている定番の樹種ですが、人気があるのには理由があります。 実際にミカンを植えてわかった、庭木として...
日射熱

軒の出の長さを三角関数で検討するツール

最適な軒の出の長さはどの程度でしょうか。 これは地域や配置によっても異なり、本来は設計者が考えることですが、住宅会社によってはまったく検討されないこともあります。 ここでは、日射の角度から日射の深さを計算する簡易ツールを作成しました...
高気密高断熱住宅

Q値・UA値の功罪 - 断熱指標の注意点

住宅の断熱性能について考えるときに避けて通れないのが、Q値やUA値です。 何のことやら、という方は以下のページをご覧ください。 しかしながら、Q値やUA値といった断熱指標は大事ですが、万能ではありません。 かくいう私も...
日射熱

アウターシェードを4年使ってわかった注意点、向き・不向き

YKK APの洋風すだれ「アウターシェード」を数か所の窓に設置し、4年が経ちました。 4年経っても大きな劣化はなく、採用したことには満足していますが、実際に使ってみてわかった注意点や、他の日射遮蔽法との違いについて、気づいたことを書いてお...
維持管理

シロアリ対策はどこまで必要か?

「大震災で全壊している住宅はシロアリ被害を受けている住宅が多い」、「〇〇でもシロアリに食われる」、「ほとんどの木造住宅でシロアリ被害が発生している」、などという話を聞くと、わが家のシロアリ対策は大丈夫だろうかと不安になります。今は大丈夫でも...
高気密高断熱住宅

壁内部結露計算でわかること・わからないこと

壁構成から壁内で結露が発生するリスクを判定する方法として、結露計算があります。住宅金融支援機構の住宅工事仕様書に付録として載っている、透湿抵抗比によるチェックよりも細かいチェック方法です。 この結露計算を行うことによって、以下の動画で...
木造住宅の耐震性能

地震被害の大きい瓦屋根をあえて採用した理由

主な屋根材としては、粘土瓦のほかに、スレート(コロニアル)、金属屋根(ガルバリウムなど)があります。昔は瓦が一般的でしたが、近年はスレート屋根も多く、金属屋根の採用率は特に伸びています。スレートと金属屋根はどちらも軽量で、技術も進歩している...
維持管理

メンテナンス費用を節減するにはどうすればよかったか【反省点】

メンテナンス費用シリーズ 3 本目です。これまでに、一般的な生涯メンテナンス費用と、三井ホームの生涯メンテナンス費用を見てきましたが、これを減らすにはどうすればよかったか、これから節約するにはどうすればいいかについて考えてみたいと思います。...
維持管理

三井ホームの長期メンテナンス費用は本当に安いのか?【わが家の参考額】

坪単価の高い住宅会社の営業や広告ではよく、「建築費は一見高く見えるけどトータルコストで考えれば安い」ということを主張します。 2016年にわが家を建てた三井ホームもご多分に漏れず、メンテナンス費はかからないと言います。 本当でし...
タイトルとURLをコピーしました