さとるパパ

高気密高断熱住宅

低気密・中気密は何がどう問題なのか

「C 値 1.0 を下回る高気密性能が大事」とはよく言われているものの、そのレベルの戸建住宅をふつうに提供している住宅会社はまだ多くありません。工法ごとの C 値の平均と標準偏差はこんな感じなので、多くの住宅は 1~5 の範囲でしょう。わが...
全館空調・エアコン

全館空調の住宅の月別電気代を公開します【2019年】

全館空調3年目となる2019年の住宅の電気代を公開していなかったので、公開しておきます。 全館空調を備えたわが家の月別電気代は以下のとおりでした。 年間で約30万円です。めちゃくちゃ高いですね。。ちなみにキッチンと給湯は...
本とサイトの紹介

坂本雄三先生の著書を買ってみて思ったこと

高断熱住宅について調べていると、東京大学名誉教授の坂本雄三先生の名前をよく目にします。改めて調べてみると、建築研究所の理事長、空気調和衛生工学会・会長などを歴任し、HEAT20委員長、YUCACOシステム研究会・会長なども務められている、も...
ツーバイシックス(枠組壁工法)

ツーバイフォーより軸組工法がコスパ最強?

当サイトをきちんと読んでいただいている方は、当サイトが「ツーバイシックス工法がコスパ最強」と主張していることをご存じでしょう。ツーバイシックス工法は、三井ホームだけでなく、一条工務店の i シリーズでも、くろーばーさんの住宅(泉北ホーム)で...
全館空調・エアコン

新型コロナ対策としてエアコンは窓を開けながら使用すべき?

ニュースを見ていたら、新型コロナ感染対策として、こんな記事を見つけました。 大雑把に主旨を要約すると、「エアコンは換気できないからエアコンの使用中に窓を開けよう」という内容ですが、この夏は窓を開けてエアコンを利用しなければなら...
高気密高断熱住宅

高断熱住宅は暑くてエアコンが欠かせないという問題と対策

高断熱住宅は冬に暖かいのが一番の売りです。住宅を高断熱にすると、冬の室内の最低温度が高くなります。 しかしここで疑問に思うかもしれません。夏の室温も高くなってしまうのではないか、と。 実際、高断熱住宅に住んでいる人からは、高断熱...
日射熱

日射で暖められた外壁のせいで暑くなる?アルミ遮熱シートは効く?

「日射熱によって外壁が熱くなり、夏は高温になった壁からの輻射熱で夜になっても暑苦しさが続く」という説明を見ることがあります。だからこそ、外壁面でも遮熱が重要だ、という結論が導かれることもあります。 これが本当なのか、考えてみました。 ...
高気密高断熱住宅

外壁通気層なしの工法の注意点

近年の住宅では外壁に通気層を設ける工法が一般的ですが、なかには通気層のない工法を採用している住宅会社もあります。 ここでは、通気層の役割を考えることにより、通気層の有無によってどのような配慮が必要になるのかを考えたいと思います。 ...
高気密高断熱住宅

地熱利用住宅って本当に暖かいの?

床の断熱方式には、大きく分けて床断熱と基礎断熱の 2 種類があります。このうち基礎断熱は、年中安定している地熱を利用できるため、夏は涼しく冬は暖かい、冷暖房費がかからずにエコだと宣伝されているのをよく見かけます。ここでは、地熱利用の宣伝され...
その他

海外を含むコロナウイルス感染症の実測データのご紹介

当サイトのいつものテーマとは逸れますが、日本のコロナ関連のニュースを見ていると、「コロナは怖い」、「政府の対応は遅れている」、「自粛がまだまだ足りない」といった印象を受け、不安が募るばかりです。 ここで、参考までに海外からのデータを一つ紹...
タイトルとURLをコピーしました