日射熱

日射熱

アウターシェードを4年使ってわかった注意点、向き・不向き

YKK APの洋風すだれ「アウターシェード」を数か所の窓に設置し、4年が経ちました。 4年経っても大きな劣化はなく、採用したことには満足していますが、実際に使ってみてわかった注意点や、他の日射遮蔽法との違いについて、気づいたことを書いてお...
日射熱

日射で暖められた外壁のせいで暑くなる?アルミ遮熱シートは効く?

「日射熱によって外壁が熱くなり、夏は高温になった壁からの輻射熱で夜になっても暑苦しさが続く」という説明を見ることがあります。だからこそ、外壁面でも遮熱が重要だ、という結論が導かれることもあります。 これが本当なのか、考えてみました。 ...
日射熱

日射熱で暖まった床はいつまで暖かいのか確認してみた

空気を直接暖めるエアコンと異なり、日射熱はまず床を暖めてから室温に影響する形になります。これには多少なり時間差が発生するはずです。この時間差が長ければ、冬の日中に日射熱を蓄え、夜間も暖かく過ごすことができるかもしれません。 そこで、1...
日射熱

南面の窓はトリプルよりペア?日射熱取得型と遮熱型はどっち?

断熱を考えるとトリプルガラスは有利ですが、初期費用は高くなるし、日射熱取得率はペアガラスよりも劣ります。特に南面は、日射の多い地域では日射熱を取り入れることで暖房費を節約できる効果があるため、温暖地でどちらのサッシが良いのかは大いに悩むとこ...
日射熱

夏の日射熱対策のカギは西日にあり。その理由と対策

西日はよく嫌われていますが、嫌われるのには訳があります。ここでは、方位別の日射量と気温の変化から西日が嫌われる理由を確認し、その対策について考えたいと思います。 方角別の窓から入る日射熱量 太陽の軌道は季節によって変わるので、季...
日射熱

遮熱材が効くところ、効かないところ

温暖地の住宅では、断熱だけでなく遮熱も大事ということを聞きます。しかし遮熱は万能ではなく、実際には効くところと効かないところがあります。 遮熱の効果はさまざまな条件によって変わるので評価が難しいのですが、遮熱材の宣伝には過剰広告がよく...
日射熱

冬に日射熱でオーバーヒートしないかチェックする方法

高断熱住宅では住宅内外の熱移動が少ないため、侵入する日射熱が室内環境に大きな影響を与えます。日射熱は、冷房期はなるべく入らないようにし、暖房期には取り入れるようにすることが重要で、季節ごと、方位ごとに考える必要があります。 これについ...
日射熱

日射熱による暖房費節約効果を消費電力と日射量計算から推定する

Q 値から暖房費を推計してみた結果(月暖房費、ピーク暖房負荷)が想像以上に実際と近かったので、とある冬の一日に、日射熱取得によってどれだけ暖房費が安くなったのかを推定してみました。 結果だけ知りたい方は、最後のセクションだけお読みくだ...
日射熱

落葉樹による日射遮蔽はあまり期待できない

積水ハウス・シャーウッドのことを批判的に取り上げながらも実はシャーウッドの雰囲気が好きな私は、シャーウッドで提唱されていた「落葉樹による日射遮蔽」という方法をわが家に導入しようとしました。 以前、「落葉樹による日射光調節のススメ」なん...
日射熱

ベランダの暑さ半端ないって!【縮まない熱に強いベランダサンダル】

ベランダの暑さ半端ないって! アツイ半端ないって! ベランダ用のサンダルめっちゃ溶解するもん… そんなん溶けへんやん普通、そんなん溶ける?言っといてや、溶けるんやったら… 3 足目や!2 足も溶かしたしもう…ヤケクソ...
タイトルとURLをコピーしました