高断熱住宅と日射熱

高断熱住宅と日射熱

夏の日射熱対策のカギは西日にあり。その理由と対策

西日はよく嫌われていますが、嫌われるのには訳があります。ここでは、方位別の日射量と気温の変化から西日が嫌われる理由を確認し、その対策について考えたいと思います。 方角別の窓から入る日射熱量 太陽の軌道は季節によって変わるので、季...
断熱材

遮熱材が効くところ、効かないところ

温暖地の住宅では、断熱だけでなく遮熱も大事ということを聞きます。しかし遮熱は万能ではなく、実際には効くところと効かないところがあります。 遮熱の効果はさまざまな条件によって変わるので評価が難しいのですが、遮熱材の宣伝には過剰広告がよく...
高断熱住宅と日射熱

冬に日射熱でオーバーヒートしないかチェックする方法

高断熱住宅では住宅内外の熱移動が少ないため、侵入する日射熱が室内環境に大きな影響を与えます。日射熱は、冷房期はなるべく入らないようにし、暖房期には取り入れるようにすることが重要で、季節ごと、方位ごとに考える必要があります。 これについ...
高断熱住宅と日射熱

日射熱による暖房費節約効果を消費電力と日射量計算から推定する

Q 値から暖房費を推計してみた結果(月暖房費、ピーク暖房負荷)が想像以上に実際と近かったので、とある冬の一日に、日射熱取得によってどれだけ暖房費が安くなったのかを推定してみました。 結果だけ知りたい方は、最後のセクションだけお読みくだ...
高断熱住宅と日射熱

落葉樹による日射遮蔽はあまり期待できない

積水ハウス・シャーウッドのことを批判的に取り上げながらも実はシャーウッドの雰囲気が好きな私は、シャーウッドで提唱されていた「落葉樹による日射遮蔽」という方法をわが家に導入しようとしました。 以前、「落葉樹による日射光調節のススメ」なん...
高断熱住宅と日射熱

高断熱住宅ほど冷房費は高くなる?

前回紹介した Q 値と冷房エネルギーの関係を示すデータ(以下に再掲)によると、冷房費は高断熱住宅のほうが高くなるという結果が出ています。 一方で、高断熱住宅のほうが冷房費が安くなるというデータもあります。 両方ともシミュ...
高断熱住宅と日射熱

YKK AP の洋風すだれ「アウターシェード」の使用感

高断熱住宅でも、そうでない住宅でも、夏に日射熱をなるべく入れないようにすることは非常に重要です。そして、日除けは窓の外で行ったほうが効果的です。 おすすめの日除けの方法は、南面は軒や庇(ひさし)です。太陽高度の高い夏には日射を遮り、太...
高断熱住宅と日射熱

日除け方法ごとの数値で見る夏の日射遮蔽の重要性

夏を快適に過ごすためには窓の日射遮蔽が重要であるということはよく言われます。 日本建材・住宅設備産業協会によると、夏場、室内に入ってくる熱の約 70 %は窓からだそうです(細かい条件は不明です)。 日射遮蔽が重要なのは、高断熱住...
高断熱住宅と日射熱

サンシェードが必要なのは南面ではない

夏に冷房費用を抑え、快適な住まいを実現するためには、窓の日射遮蔽が欠かせません。わが家は南北に長い形状であり、それほど日射の影響を受けやすいほうではありませんが、設計段階では以下のようなことを考えて対応しました。 参考 日射の管理で実...
三井ホーム

屋根の断熱性能が低すぎるという問題を調べてみた結果

『ホントは安いエコハウス』を読んでいると、日本の住宅は「屋根の断熱性能が低すぎる」という問題が取り上げられていました。私はこれまで屋根の断熱まではあまり注意を払っていなかったので、これを機に調べてみました。 屋根を高断熱にすべき理由 ...
タイトルとURLをコピーしました