当サイトについて

はじめに

当サイトは、理系の私が自宅を建てる際に試行錯誤して得た見解を紹介する住宅情報サイトです。

断熱性能と冷暖房費、暖房方式などの関係を突き詰めていくと、望ましい住宅とはどんなものかが見えてきます。

私が考える理想の住宅では、室温を下げないよう家全体を暖房することで、冷え性やヒートショックとは無縁の快適さを得ることができます。冬だけでなく、夏季をより快適に過ごすこともできます。

それができる高断熱住宅は、北海道や一部の国では普及していますが、日本の温暖地ではまだまだ普及していません。しかし、北海道から東京に移住した人が冬の寒さに悩まされることからわかるように、その快適な住み心地は温暖地でも理想的なものです。

このような家中を暖房する住宅はエコや省エネに反するようですが、断熱性能を上げることで、省エネと両立することもできます。

幸いなことに、現在では、このような住宅を実現する方法はいくつもあります。ツーバイシックス工法がお勧めではありますが、比較的高断熱な一部ハウスメーカーで断熱仕様(窓など)をアップグレードしても可能ですし、コスパを考えれば高断熱住宅に理解のある住宅会社を選ぶのもいいでしょう。

注意したいのは、温暖地ではまだ一般的ではないがため、有名ハウスメーカーや地元の工務店でただ家を建てるだけではこのような住宅は得られない、ということです。

多少の知識は自分で身につけ、自分から行動する必要があります。

このサイトがそのための参考になり、快適、健康かつ経済的な住宅に住まわれる方が日本中で増えることを願っています。

 
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村に一応参加しています。

プロフィール

息子による似顔絵

某国立大学農学部で構造力学や林学、環境工学について専攻した土木技術者です。もし実務経験を積めば二級建築士の資格がもらえるそうですが、住宅に関する仕事に従事したことはなく、理系・工学系の人間というだけで建築については素人です。

2016 年末、南関東に三井ホームで注文住宅を建てました。わが家はツーバイシックス工法で、窓だけ標準仕様よりも高断熱の仕様にグレードアップし、全館空調を採用しています(わが家の特徴の詳細と、参考にする際の注意事項についてはこちら)。

三井ホームについては感心したことも問題点もいろいろあるので、「三井ホーム」カテゴリーなどの多数の記事で紹介しています。

サイト運営方針

日本の住宅には多くの問題があり、住宅性能に関する広告や営業トークには多くのウソやゴマカシがあります。また、悪意はなくても、多くの住宅関係者や施主が誤解していることもあります。

これらの問題を知らずに家を建てれば、快適な家にならないだけでなく、不要な出費がかさむことになります。

当サイトの目的は、これから住宅を建てる方に向けて、住宅の性能や住み心地についての誤解をなくし、できる限り正しい情報をわかりやすく伝えることです。

このため、時に大手ハウスメーカーの仕様や他の住宅ブログなどで書かれていることに批判的な内容も含まれます。不快に思われる方には申し訳ございませんが、わが家も問題だらけですし、反論は常に歓迎しておりますので、ご理解・ご協力いただけると幸いです。

住宅の専門家ではありませんが…

住宅の専門家でもない人間の意見なんて信用できないと思いますが、そもそも、住宅の専門家とは誰でしょうか。

ハウスメーカーなどの関係者は、自社に都合の良い話しかできません。

建築士にしても所属組織の立場があり、自由に意見できる建築士は限られます。また、美術部系のデザイン重視の建築士と、工学部系の建築士とでは趣向や得意分野が異なります。家づくりには幅広い知識や経験がかかわってくるため、得意分野以外は最低限の知識しかないという建築士も意外と多いものです。

また専門知識があったとしても、実際に高断熱住宅に住んでいる方や、公平な立場から Web 上で素人向けにわかりやすく情報をまとめて発信している方は意外に少ないものです。

そんなわけで、当サイトでは、専門家の発信する情報をなるべく参考にしながら、自らの問題意識に基づき、実際に住んでいる人でないとわからない経験やデータを踏まえた情報を提供することを心掛けています。良い住宅を実現する方法について考えるきっかけになれば幸いです。

参考:ハウスメーカー営業のウソを見抜くための 3 つの方法

コメント欄について

各ページに対するコメントは承認制です。スパム対策のため、管理人が確認した後の掲載とさせていただきます。

メールアドレス等の入力は不要ですので、古い記事であっても反論や補足情報などを頂けると助かります。URL なども掲載 OK です。

基本的にそのまま掲載しますので、不都合がある場合は末尾のお問い合わせフォームからご連絡ください。

意外と多忙につき(?)、コメントに対する返信は控えさせていただく場合もございますのでご了承ください。

広告・スポンサーについて

当サイトは完全個人運営であり、特定の企業による支援は一切受けておりません。

ただし、当サイトのコンテンツには一部広告が含まれています。広告には、Google AdSense により収集された cookie を基に自動で表示されるものと、Amazon アソシエイト・プログラム等による商品またはサービスの紹介があります。

さとるパパの住宅論は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

アフィリエイトで紹介する商品またはサービスは、当サイトをご覧の方に役立つ可能性があると判断したものに限定しています。報酬額が高いから、と利益を主目的として特定のものやサービスを紹介することはございません(依頼は受け付けません)。

当サイトの運営を支援したいという稀有な方には、こちらのページで支援方法をご案内しております。

プライバシー・ポリシー

本サイトでは、サイトの分析と改善のため、Google, Inc.のGoogle Analyticsを使用しています。その際、データ収集のためにGoogle がお使いのブラウザに cookie を設定したり、既存の cookie を読み取ったりする場合があります。また、本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の非個人情報(たとえば、アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。当サイトはそれらの情報を、サイト利用状況の把握と記事作成の参考とするために利用します。

本サイトのユーザーは本サイトを利用することで、上記方法および目的においてGoogleとサイト管理者が行うこうしたデータ処理に対して、許可を与えたものとみなします。

※なお、「Cookie」は、ユーザー側のブラウザ操作により拒否することも可能です。

ご意見・お問い合わせ

次の注意事項ご覧の上、以下のフォームをご利用ください。

・各コンテンツの紹介(リンク)はご自由にどうぞ。連絡は不要です。
・寄稿、アフィリエイト、PR 記事の執筆に関する依頼は基本的にお断りしております。
・記事に関連する不明点、疑問やご質問、誤りのご指摘等は歓迎します。
・個別のご相談は、可能な範囲で対応いたします(プライバシーは尊重します)。古くても関連する記事がある場合は、同様の疑問をお持ちの方にとって参考になる可能性があるため、できる限り該当記事にコメントください。

タイトルとURLをコピーしました