高断熱ペアガラスでエアコンを連続運転するとどうなるか?【回答者募集終了】

当サイトでは住宅についていろいろ述べていますが、個人的には最大の問題が解けていません。

それは、結局のところ、どういう住宅がお勧めなのか、という問題です。さまざまな住宅の問題やメリット・デメリットはある程度把握していても、限られた予算で、日本全国どこでも建てられる理想の住宅のカタチを聞かれると、具体的に答えることができないのです。

お金のことを気にしなければ、トリプルガラス全館空調、第一種換気などはお勧めできます。が、そのメリットが費用に見合うかどうかを考えると、万人に勧めることはできません。

トリプルガラスや全館空調がお勧めなのは、家中の温度差を小さくすることにより、非常に快適な住生活が実現できるからです。

これらの方法で温度差の小さい住宅を実現できるハウスメーカーには、一条工務店、スウェーデンハウス、三井ホームなどがあり、その快適な住み心地は住人のブログなどをチェックすれば確認することができます。

ただし、これらのハウスメーカーには、費用が高いという大きな問題があります。初期費用のみならずランニングコストまで高いことも多くあります。

スポンサーリンク

理想的な方法?

トータルコストが一番安くなる断熱性能は、HEAT20 の G2 レベルと考えられます。すなわち、温暖地なら UA 値で 0.46、Q 値で 1.6 あたりの断熱性能です。

木造住宅でこのレベルを実現するのにトリプルガラスは必須ではなく、APW330 やサーモス X などの高性能ペアガラスでも十分可能です。

これで少数のエアコンを連続運転し、家中が暖かい住宅を実現できるなら、低コストで快適になるので理想的です。

このレベルの断熱性能を実現する方法はたくさんあり、エアコンという一般的な機器を使うだけなので、どの住宅会社で住宅を建てるにしても、断熱リフォームを行うにしても、ハードルはそれほど高くありません。

ちなみに床下エアコンという方法も理想的な方法の 1 つだとは思いますが、最初から設計する必要があり、基礎断熱にする必要があるなど、どの住宅会社でもかんたんに導入できるものではないのがネックです。

しかし、高性能ペアガラスで少数のエアコンを連続運転する方法には、大きな問題があります。

実際の住み心地がわからないので、自信をもって勧めることができないのです。このような仕様を勧めているハウスメーカーはなく、実践している住人の声が目立ちません。高性能ペアガラスが普及してきたのが最近のことで、エアコンの連続運転が一般的ではないから、そういうことをしている人が少ないのかもしれません。あるいは、何かしら問題があるせいで普及していないのかもしれません。

わが家は高性能ペアガラスで全館空調を採用していますが、全館空調を採用しなかったらどうなっていたのか、将来的にエアコンに置き換えたらどうなるのかは、とても気になるところです。

想像では、以下のような問題があるような気がしています。

・中央に吹き抜け空間をつくって各部屋につながる間取りにしないと温度差ができてしまうのではないか(一般的な間取りでは難しい?)
・窓の大きい個室で室内ドアを閉めっぱなしにしたら少し寒いのではないか
・第三種換気で換気が機能していると少し寒いのではないか

これらは程度の問題なので、それが受け入れられるレベルなのかどうか、結局各部屋にエアコンを設置することになるのかどうかは、実際に暮らしている人の声を聞かないことにはわかりません。結局、少数のエアコンを連続運転するにはトリプルガラスがいい、という結論になるかもしれません。

今後の予定

そこで、実際にそういうことをしている住人の方の意見を聞き、紹介しようと思っています。

当初アンケートを募集していましたが、ご協力いただける方々が集まりましたので募集は終了させていただきます。ありがとうございます。回答が集まり編集が終了したら、順次ご意見を掲載させていただきます。少し時間がかかるかもしれませんがよろしくお願いいたします。

コメント