住宅選び

住宅選び

ローコストと高断熱は両立できるか?

一条工務店のような高断熱住宅に住みたい!けど高い!という方は多いでしょう。 住宅を高断熱にするには、どうしてもコストがかかります。高性能窓はアルミサッシの窓よりも高いからです。 しかし、次のポイントに注意して、なるべく効率的に高...
住宅選び

ハウスメーカーに資料請求してはいけない

ハウスメーカーの営業はしつこいので要注意です。気になるハウスメーカーがある場合、まとめて資料請求ができるサービスなどがあり、一見便利なようですが、こういうのを利用すると後々が面倒です。 私の場合、2015 年にリクルートの SUUMO...
本の紹介

推薦本:『エコハウスのウソ』を読んでみた

私は住宅に関する本を読むとき、どういう人が書いた本か、という点をまず確認するようにしています。建築士、工務店、営業担当者、ホームインスペクターなど、それぞれ立場によって視点や経験が異なっていて興味深い一方、自社の宣伝ばかりというケースもあり...
住宅選び

高断熱・高気密の重要性が住宅業界でまだまだ認識されていない原因と結果

当サイトをご覧になってるような皆様は、住宅購入で失敗しないよう、いろいろなサイトを見たりして勉強していることでしょう。 そして、いい住宅を建てるためには高断熱・高気密が重要だ、という意見は当サイトに限らず多く目にしていることと思います...
住宅選び

快適住宅を実現するチェック項目 7 つ

住み心地の良い、健康で快適な住宅を実現するために必要なことを、重要だと思う順にチェックリストにまとめてみました。 各項目の理由については要点のみを紹介するので、詳しくは各関連記事をご覧いただければ幸いです。 なお、ここでは「快適...
住宅選び

耐震等級3を超える耐震性能を求める理由

当サイトでは、「耐震等級 3 を超える耐震性能」を推奨しています。大震災レベルの地震が起きてもそのまま快適に住み続けるためには、耐震等級 3 でも不十分だと思うからです。ここでは、そう思うようになった経緯について説明します。 震度 6 は...
住宅選び

自然災害に強い土地かどうかは簡単に調べられる

日本の住宅は、さまざまな自然災害に遭うリスクがあります。そして、それらのリスクは、立地により、高いところと低いところがあります。 高い強度の住宅を建てることは重要ですが、その土地のリスクを正しく認識することもまた重要です。 その...
住宅選び

打ち合わせルームの理想的なキッズスペースとは

会社によりますが、注文住宅を建てる際、打ち合わせに要する時間は長く、長期にわたります。三井ホームは打ち合わせ時間が長いことで知られていますが、思い起こすと、私の場合、打ち合わせに参加できない時間が、かなりありました。 小さい子どもの世...
住宅選び

建売住宅の耐震・断熱性能は注文住宅と比べて低い

これは一般的な話であり、もちろん例外もありますが、よくある建売住宅は、耐震性と断熱性能に関して、満足いくレベルにありません。 当サイト推奨の住宅性能は大手ハウスメーカーでもほとんど満たしていませんが、高級ブランド以外の建売住宅ではさら...
リンク集

「住まいブログ」を参考にする場合の注意点

住宅に関するブログは多数あり、非常に参考になる情報がある一方で、利用する側の注意が必要なこともあります。同業者(?)を敵に回すような内容で恐縮ですが、参加して気づいたこともあるので、自戒も込めて、利用者への一般的な注意事項を記しておきたいと...