全館空調に関するまとめ

シェアする

三井ホームの全館空調「スマートブリーズ」(東芝)を採用した経験から、全館空調の導入を検討している方に向けてさまざまな疑問に答えたいと思います。全館空調にはメリット・デメリットがあるため、慎重に検討し、よく納得したうえで採用するかどうかを決めることをお勧めします。

このページでは、当サイトの記事を紹介しつつ、全館空調についてまとめてみました。

全館空調とは

全館空調とは、家中にダクトを張りめぐらせ、換気と冷暖房を 1 台の装置でまかなうシステムのことです。セントラル空調などとも呼ばれ、欧米ではよく採用されています。

我が家で採用した三井ホームの全館空調については、次のページで紹介されています。

戸建て住宅のテクノロジー「健康空調システム」のページです。三井ホームはオーダーメイドの注文住宅をはじめ、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォームなど、ご要望に沿って専門のスタッフがデザイン性と快適さを両立した住まいをご提案。非常に高い耐震性や耐火・耐久性の技術、アフターサポートによって資産価値を支え、暮らし継がれる家...

が、上記ページを見てみると、ツッコミどころ満載でした。詳細については、以下の記事をお読みいただければご理解いただけることと思います。

全館空調のメリット・デメリット

全館空調のメリットは次のとおりです。

・ほとんどの部屋(*)に冷暖房が入るので家中の温度差が小さい
・エアコンがないため見た目がすっきりする
・室外機が一箇所にまとまるので外観もすっきりする
・清浄な空気を取り込むことができる

トイレと浴室には入りません。前記の三井ホームのページで部屋ごとの温度の実測値にこれらがないのは意図的でしょうか…。ただし、通常はエアコンを入れないことが多い洗面室(脱衣所)にも冷暖房が入るのはメリットと言えます。関連記事:「全館空調の部屋間の温度差を測ってみた

一方、次のデメリットもあります。

・コストがかかる
・部屋ごとの細かい温度調整が難しい
・半畳ほどの設置スペースが必要(小屋裏収納できるタイプもあります)
・配管の分、天井高が低くなる
・故障時に困る

関連記事:「全館空調が止まったときのための備えを検討する

全館空調のコスト

全館空調の最大の問題はコストです。初期費用のほかにかかる電気代、メンテナンス費用も無視できません。ただし、維持費用については、各部屋にエアコンを導入してしっかりメンテナンスを行う場合と比較すると、大差はないかもしれません。詳細は次の記事をご覧ください。

三井ホームの全館空調(東芝スマートブリーズ・プラスII)にはメリット・デメリットがありますが、問題はお金です。お金を気にしなければ採用す...
三井ホームの我が家で採用した全館空調(東芝スマートブリーズ・プラスII)の 1 年間の電気代を紹介します。三井ホームの営業担当者から聞いた話...

全館空調のメンテナンス

全館空調はフィルターが詰まると換気まで機能しなくなってしまうため、定期的に清掃を行う必要があります。フィルター掃除は面倒でサボってしまいそう、という方にはお勧めできません。

三井ホームの我が家で採用している全館空調「スマート・ブリーズ・プラスII」(東芝)のメンテナンスについて紹介します。入居時にメンテナンスの説...

全館空調とカビ

空調システムが汚染されると家中の空気が汚染されるため気になるところですが、特に問題はなさそうです。加湿機能が付いている場合はしっかりとメンテナンスを行うことが重要です。

三井ホームの全館空調「スマートブリーズ」を採用するとなると、エアコンのようにカビ臭くなったりしないかどうかが気になるところです。私も三井ホー...
マンションに住んでいた頃、エアコンのカビは悩みの種でした。新品のうちは良いのですが、しばらく使っているとカビ臭くなります。ダイキン、東芝、パ...

全館空調と結露

全館空調では家中の温度差がなくなるため、湿度の差も発生しにくくなります。しかしながら、冬場に乾燥を防ぐために加湿を行う場合、窓の結露は多少発生します。樹脂スペーサー仕様の樹脂サッシのペアガラスか、トリプルガラスにすれば、結露はかなり減らせると思われます。

結露は、快適、健康、丈夫な住宅の大敵です。濡れたままの状態が続くとカビが発生し、カビをエサにダニなども発生します。ダニやカビはアレルギー疾患...

全館空調と乾燥

全館空調は室内が暖かいがために乾燥しますが、これはどの暖房方式でも同じことです。

高断熱・高気密住宅は冬に乾燥するという話をよく聞きます。 一条工務店、スウェーデンハウスに住んでいる人のクチコミなどでよく見かけます。...

全館空調には三井ホームのように加湿機能があるものもありますが、十分な加湿能力はありません。加湿器を併用することになります。

冬場は暖房を付けるとどうしても乾燥するため、マンション暮らしの頃から長年、除湿器を利用しています。三井ホームの全館空調には加湿機能もあります...

全館空調と臭い

全熱交換型の熱交換換気システムの場合、臭いの問題があるとされていますが、生活上は特に問題は感じません。

三井ホームの全館空調スマートブリーズにはデンソーと東芝の 2 種類がありますが、東芝の場合の換気システムは全熱交換型です。顕熱交換型では居室...

全館空調の運転音

システムにもよるでしょうが、我が家のスマートブリーズの場合、説明書によると運転音は換気 31dB、冷暖房 44dB とのことです。大き目のエアコンのようなものなので、エアコンと同様の音が発生します。冷暖房が強めに稼働しているときにドア付近で実測したところ、44dB でした。

静かな夜間に近くで聞くと多少うるさく感じますが、普段は気になるものではありません。我が家の場合、ドアと壁を隔てて寝室がありますが、入居後すぐも特に気になることはありませんでした。

吹出し口からの風は静かで音は聞こえません。装置から離れた部屋ではエアコンよりも静かです。

全館空調での室内干し

全館空調での洗濯物の乾きについて紹介しています。干す場所と吹出し口を設計段階で考慮しておけば、年中部屋干しにすることは可能です。

花粉症や外働きの人にとって、洗濯物を快適に部屋干しできるかどうかは重要です。高断熱・高気密住宅では部屋干しで洗濯物がよく乾くと聞きますが、本...
花粉症や外働きの人にとって、洗濯物を快適に部屋干しできるかどうかは重要です。高断熱・高気密住宅では部屋干しで洗濯物がよく乾くと聞きますが、本...

三井ホームの全館空調

三井ホームの全館空調には、東芝製とデンソー製があります。どちらも同様の機能がありますが、細かい違いは結構あります。主な違いは以下のとおりです。

東芝製の特徴

・低圧電力の料金プランを利用できる(基本料はかかるが使用料が安い)
・全熱交換型の換気システム
・半畳のスペースが必要

デンソー製の特徴

・顕熱交換型の換気システム
・小屋裏に設置することも可能

換気システムの違いの詳細については、次のページをご覧ください。

住宅の換気が必要な理由、第一種換気と第三種換気の違い、それぞれのメリット・デメリット、そして気になる費用について紹介します。第一種換気については、全熱交換型と顕熱交換型、ダクトの有無による違いについても説明しています。

全館空調の家に引っ越してきてまず感じたこと(音、湿度の問題、床の温かさなど)は、次の記事で紹介しています。

これまで高断熱・高気密住宅についていろいろと述べてきましたが、この度、三井ホームの全館空調(スマートブリーズ・プラス2)の家に引っ越しました...

三井ホームの全館空調の問題点

三井ホームの全館空調には次の問題があると思います。

・気密性能がそれほど高くない(C 値 > 1.0)ため、湿度管理が難しい

気密性能(C値)について、どの程度で断熱性能を確保され、湿度を管理することが可能なのかについて解説しています。

・熱交換換気の消費電力が大きい

三井ホームの全館空調 「スマートブリーズ」 の家に住み始めて半年以上経ちました。電気代がかさむ冬と夏の両方を経験したところで、電気代と維持費...

なお、採用する際は次の点にもご注意ください。

全館空調の設計は、基本的には空調の専門の方が行うものです。我が家の場合、三井ホームとの打合せで確認したような記憶はありますが、ほとんど提案さ...

全館空調と断熱性能

全館空調を採用するには、ある程度高断熱である必要があります。冷暖房費がかさむためです。また、断熱性能が非常に高い場合はエアコン 1、2 台でも家中の冷暖房を行うことができるため、全館空調を採用しない方が低コストで済みます。

1台で全部屋の空調を管理する全館空調はとても快適です。高断熱住宅でのエアコンの連続運転と同様のメリットが得られるだけでなく、見た目が...

全館空調を採用しない場合

以下の記事では、三井ホームで全館空調を採用しない場合どうなるか、どうすればよいかについて検討しています。高断熱に対応できる業者であれば、三井ホーム以外でも同じことが言えます。

三井ホームの全館空調は人気の仕様でもありますが、その初期費用、維持費用はどうしても高くなってしまいます。我が家は全館空調を採用しましたが、正...

一条工務店などで採用されている全館床暖房については次の記事で紹介しています。

高断熱住宅では床暖房は不要です。一条工務店ではエアコンを採用することでさらにコストを抑えることが可能です。

フォローする