全館空調で洗濯物は部屋干しで乾くか(梅雨時の湿度管理)

シェアする

花粉症や外働きの人にとって、洗濯物を快適に部屋干しできるかどうかは重要です。高断熱・高気密住宅では部屋干しで洗濯物がよく乾くと聞きますが、本当なのでしょうか。三井ホームの全館空調の家に実際に住んでみて検証した結果を紹介したいと思います。冬季については以前に「全館空調で洗濯物は部屋干しで乾くか(冬期)」で紹介したので、今回は梅雨時について紹介します。なお、全館空調は珍しいものですが、除湿に関してはエアコンと仕組みは同じなので、高断熱・高気密住宅でエアコンを利用する際も同様のことと思います。

我が家の全館空調システム(スマート・ブリーズ・プラスII、東芝) では、目標湿度を設定することができません。自動運転は「暖房」と「冷房」が切り替わるだけなので、「ドライ(除湿)」運転は行われません。このため、梅雨時に自動か冷暖房モードにしていると、部屋の湿度が80%を超えることがあります。これでは洗濯物が乾きにくいため、ちょっと手間ですが、いちいちリモコンで「ドライ」に切り替える必要があります。

しかし、「ドライ」を利用していても湿度が高いまま下がらないことがあります。これは、設定温度より外気温度が低いためにドライ運転が止まってしまうことが原因です。高断熱住宅では、エアコンが効きやすいため、通常の弱冷房除湿では運転が止まってしまう時間が多くなってしまいます。設定温度を高くしていると特にそうです。どうにかならないものかと説明書を見ると、全館空調のドライでは、風量設定によって再熱除湿と弱冷房除湿の2種類を使い分けることができるようです。

再熱除湿とは、除湿で温度が下がりすぎないよう、暖房を併用する方法のことです。一方、弱冷房除湿とは、冷房と同様に温度を下げながら除湿を行う普通の除湿運転です。再熱除湿は、上位クラスのエアコンにも搭載されている機能です。これを利用すると、外気温度が高くないときでも除湿運転を行い、湿度だけを下げることができます。まさに梅雨時にぴったりの機能です。高断熱住宅でエアコンを購入される方は、この機能の有無を確認することをお勧めします。

ただ、再熱除湿では、消費電力が弱冷房除湿より1.5倍ほど高くなってしまいます。そこで、室温より外気温度が高いときは、弱冷房除湿がおすすめです。いろいろ試した結果、6月は再熱除湿を中心に使用し、7月は日中は弱冷房除湿、夜間は再熱除湿というように使い分けるようにしています。これで、常時湿度を40~60%程度にすることができ、いつでも洗濯物を乾かすことができています(量が多い場合は扇風機や除湿器を併用しています)。

なお、部屋の湿度は、換気システムや気密性能によって、外気の影響を受ける程度が異なってきます。我が家の場合、外の湿度を取り込みにくい全熱交換型換気システムを採用していますが、気密性能の C 値は 1 を超えています。雨天時は、除湿運転を行っていないとすぐに部屋の湿度も高くなります。

おすすめの記事:
湿度管理の重要性
カビとエアコンと全館空調
全館空調の電気代(2017年1月~6月)
気密性能はどこまで求めるべきか(C値)

フォローする