全館空調の部屋間の温度差を測ってみた

シェアする

エアコンの付いている部屋と付いていない部屋との温度差は、家の断熱性能が高ければ高いほど小さくなります。また、全館空調ではダクトを通じてほぼすべての部屋に冷暖房された空気を供給するため、部屋間の温度差は小さくなります。実際のところはどうなのか、我が家でも確認してみました。ここでは、厳寒期の2月に実際に測定してみた結果を紹介したいと思います。ちなみに、三井ホームのツーバイシックス工法での Q 値は 1.9 前後であることが多いのですが、我が家の場合は窓の断熱性能を 1 ランク上のものにしたため 1.6 程度になっているものと思われます(正確な計算はしていません)。

測定結果

結果はというと、設定温度 23 度において、1F、2Fの主な部屋の温度差はプラスマイナス 0.4 度以内に収まりました。ただし、1Fトイレだけは約 20 度(-3 度)という結果になりました。20度でも暖かいと思うかもしれませんが、全館一定の温度に慣れていると少し寒さを感じます。なぜトイレが寒いのかというと、全熱式の全館空調の場合、トイレと風呂場は常時排気用の換気扇があるだけで、給気口がありません。流入する空気はドアのすき間を通じて廊下から入る空気だけであり、ここだけは第三種換気方式と似たような仕組みになっているのです。このため、全館空調を採用していても多少の温度差が発生してしまうのでしょう。トイレの中でも窓に近いところほど寒いので、トイレの窓をトリプルガラスにするか、小さい窓にしていれば気にならない程度になったかもしれません。風呂場については測定し忘れましたが、感覚的には大して寒さは感じません。隣接する脱衣所が暖かく、トイレより空間の割に窓が小さいからでしょうか。

入居後の調整も大事

ちなみに、部屋間の温度差が最初からこの程度だったわけではありません。1 階と 2 階の冷暖房の効き具合はかんたんに調整できるのですが、どうしても脱衣所だけ 2、3 度低くなっていたため、一度東芝の技術者に来てもらったことがあります。そのとき、各部屋の風量を測定し、調整してもらった結果として、このようになったのです。はじめ設計上は均一な温度になるように調整されていても、実際の暮らしではドアを開けっぱなしにするかどうかなどによって温度差が生じることがあるようです。なにか問題があれば早いうちにメーカーに相談した方が良いようです。

フォローする