ふつうの高気密・高断熱住宅と本当の高気密・高断熱住宅

シェアする

関東以西で高断熱・高気密住宅というと、一般には省エネ等級 4(最高評価)のことを指します。2020 年にはこのレベルが義務化されるため、現在建てられる住宅の断熱性能はこの程度であることが多いようです。

しかし、このレベルの断熱性能では、

足元が冷える
部屋ごとに冷暖房が必要
冷暖房費がかかる
状況により結露が発生し、健康に悪い

といった問題が付きまといます。

そこで当サイトでは、断熱性能を上げ、関東以西でも次世代省エネ基準の北海道レベルの高断熱住宅を建てることをお勧めしています。

このレベルの断熱性能では、冷え性が改善され、結露がほとんど発生しないだけでなく、冷暖房費をかけずに家中の温度を一定に保つことができます。この健康上のメリットは、とてつもなく大きなものです。

北海道レベルは過剰ではないか、デメリットもあるのではないかと思うかもしれませんが、高断熱・高気密住宅では、ちょっと注意を払うだけで快適に過ごすことができます。

断熱性能を活かし、より快適で健康な空間を実現するためには、気密性も高める必要があります。また、その気密性能を長期にわたって維持するためには、高い耐震性も求められます。

当サイトでは、上記を最も効率的に(低コストで)実現する工法は枠組壁工法(ツーバイシックスなど)だと判断しています。しかし、どの工法にもそれぞれメリット・デメリットがあるため、他の工法を否定するわけではありません。

工法にかかわらず、高気密・高断熱が重要な理由、高気密・高断熱を実現可能なハウスメーカー等についても参考になる情報を提供したいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。