関東以西の温暖地でトリプルガラスは必要か?

シェアする

技術大国日本にしては意外なことに、窓ガラスの断熱性能や気密性能は世界的に見て低レベルなものでした。しかしながら最近は LIXIL や YKK AP などの大手メーカーが樹脂サッシやさまざまな複層ガラスを発売しており、以前よりは高性能な窓が手頃に入手できるようになってきました。大手ハウスメーカーではスウェーデンハウスと一条工務店が標準仕様の窓ガラスとしてトリプルガラス(三重ガラス)を採用していますが、その他のメーカーでも上位オプションとしてトリプルガラスを選択できるところが多々あります。ほとんどのハウスメーカーでは熱貫流率(Uw値)2.33程度(省エネ建材等級では最高評価の四つ星)のアルミ樹脂複合サッシでLow-Eペアガラスの仕様が標準となっていますが、はたして関東でも高価なトリプルガラスを採用するメリットはあるのでしょうか。

トリプルガラスにする主なメリットは断熱性能の向上です。二重のペアガラスではサーモスX や APW 330 といった高性能な窓シリーズで Uw 値が 1.5 前後であるのに対し、トリプルガラスでは 1.0 前後の数値を実現しています(ちなみにガス入りトリプルと真空トリプルはほぼ同等で、真空の方が薄くなります)。このため、Uw 値 2.33 で熱損失の 50% が窓経由だと仮定すると、Uw 値 1.5 では全熱損失の 18%、Uw 値 1.0 では 29% を削減できることになります(つまり、Q 値もそれだけ下がります)。快適性が増し、目に見えて冷暖房費が安くなることが期待できます。最近の住宅では、窓から逃げる熱損失が全体の1/3~1/2を占めています。鉄骨や木造軸組工法で壁の断熱性能をそれほど高くできない場合、Q 値を下げるためには窓性能を大幅に上げるしかありません。初期費用が増えても、長期的には取り戻せる可能性があります。

我が家の窓ガラスは、樹脂サッシのペアガラス(アルミスペーサー仕様、Uw 値 1.7 程度)です。住んでみてわかったことですが、ペアガラスでは関東でも結露の発生は免れません。氷点下になる日は相対湿度が 50% 程度で窓の下部やサッシに結露が生じます。量は大したものではなく、天気のいい日はすぐに乾きます。しかし、雨の日や北側は放置するとカビが生えそうなので、毎日軽く拭く手間がかかります。高い位置の固定窓は拭くこともできないので少し気になります。また、窓際に立つとちょっと足元に寒さを感じますし、部屋の大きさの割に窓が大きいトイレなどは少しばかり寒さを感じます。トリプルガラスでは、おそらく、このような問題はないでしょう。これは大きなメリットです。ちなみに、ペアガラスでも樹脂スペーサーで樹脂サッシの APW330 特別仕様やエルスターS などではいくらか改善されるものと思われます(※)。

トリプルガラスにすることのデメリットは、価格と、窓の重量が増すことです。子供や女性、老人が気軽に開け閉めをするには、トリプルガラスはちょっと重いかもしれません。防犯合わせガラスを採用するとガラスがさらに一枚増えるため、なおさら重くなります。寒冷地と違って、関東以西では窓を開け閉めする頻度が高くなります。サッシにかかる負担も大きく、長期的に問題が生じる可能性は高くなると思います。

というわけで、私としては関東以西であってもトリプルガラスはお勧めですが、窓の開け閉めの負担や、防犯合わせガラスが必要かどうかなどをよく検討してから決める必要があると思います。ペアガラスにする場合は、熱伝導率の高いアルミを極力排除した、できるだけ高性能なものにすることをお勧めします。

YKK APのニュースリリースによると、外気温0度、室温20度、湿度50%では結露が発生しません。露点温度と相対湿度の関係(こちらを参照)を併せて参照すると、樹脂スペーサーの樹脂サッシではペアガラスでも結露は生活上気にならないレベルになるものと推測されます。いろいろあって我が家では樹脂スペーサーにできなかったのですが、非常に悔やまれます。

おすすめの記事:

断熱性能はどこまで求めるべきか(Q値とUA値)

断熱性能は窓、壁、換気で決まる

フォローする