気密性能はどこまで求めるべきか(C値)

シェアする

気密性能は、相当すき間面積(C 値)で表します。延床面積あたりの隙間の面積の割合であり、単位は cm2/m2 です。たとえば、延床面積 100 ㎡ の家の C 値が 1.5 c㎡/㎡ であれば、家のすき間の合計は 150 c㎡(はがき 1 枚程度)あるということになります。値が小さければ小さいほど隙間が少なく、気密性が高いことになります。ここでは、C 値のレベルごとの違いについて紹介したいと思います。

C 値の求め方、工法による差、経年変化などについては次の記事をご覧ください。

気密性能を表す指標としてよく使われる C 値(相当すき間面積)について紹介します。なお、「すき間相当面積」という表記も見かけますが、住宅金融...

気密性が低いとどうなるか

家の隙間が多いとどうなるのでしょうか。第一に、UA 値や Q 値がいくら低い高断熱住宅であっても関係なく、外気の影響を受けやすくなり、断熱性能の効果が薄れ、冷暖房が効かなくなります。次に、風が強いときや、室内外に圧力差があるときに隙間から空気が出入りし、花粉や砂ぼこりも侵入します。そして、換気システムが効果的に効かなくなり、家にたまる湿気や有害物質を追い出すことができず、ダニやカビが発生しやすい場所ができます。夏の除湿、冬の加湿の効率も落ちます。また、遮音性が損なわれ、家の外の音が大きく聞こえます。

要求される C 値

そのようなことにならないためには、どの程度の気密性が必要なのでしょうか。具体的なわかりやすいデータがなかなか見つからないのですが、いくつか参考となる情報を紹介します。第 3 種換気方式(排気にのみ換気扇を使用する低コストな方式で、多くのハウスメーカーの標準仕様。詳細はこちら)での換気については、以下の興味深いデータがあります。

kimitsu
画像:Panasonicの24時間換気システムの説明より

C 値が 1.0 でも、吸気口から入る空気の割合は 50% に過ぎず、残りは隙間から入る空気であるというのです。これでは、換気扇から離れたところの換気が適切に行われることは期待できません。各数値について見て行きましょう。

C 値 5.0 未満

日本で寒冷地を除く地域の省エネ基準とされてきた数値です。しかし前述の図を見ればわかるように、これでは計画的な換気は到底できません。

C 値 2.0 未満

寒冷地の省エネ基準値であり、高気密住宅というとこのレベルを指すことが多いようです。換気システムを機能させるために最低限必要とされる気密性能がこの程度と思われます。第一種換気方式(詳細)では室内に負圧がかからないため、この程度でも問題ないかもしれませんが、第三種換気では問題があります(追記:第一種換気は圧力差がないために風の影響を受けやすく、第一種換気でも C 値 は 0.3 以下が望ましいとする意見もあります)。鉄骨住宅でこの性能を実現できると公表しているのは、おそらくセキスイハイムのみです。

C 値 1.5 未満

排気にのみダクトを使用する第三種換気システムで要求されるレベルです。

C 値 1.0 未満

断熱性を生かすためにはこの程度の気密性が望ましいと思われます。カナダの省エネ住宅の基準である R-2000 住宅がこのレベルです。『最高の断熱・エコ住宅をつくる方法』(書籍)には換気方式に応じて 2.0 未満~ 1.0 未満の性能が必要との記載がありますが、ダクトのない第三種換気方式では少なくともこのレベルが必要でしょう。

千葉工大の小峰教授の研究では、C 値 0.7 以下であれば強風が吹き荒れる地域でも隙間風による熱損失の影響がないという報告があります。

C 値 0.5 未満

高断熱・高気密住宅の先駆者である故・鵜野日出男氏は、湿度を管理するためには最低でも 0.9、できれば 0.5 という数字を出していました。夏に除湿し、冬に加湿することができると、とても快適な空間になります。ちなみに、ドイツの省エネルギー住宅であるパッシブハウスの基準では、これより厳しい 0.2 となっています。

これらを総合すると、換気の方式にもよりますが、1.0 未満を確保したいところです。隙間は、乾燥収縮などの経年変化や地震の揺れで悪化するため、できれば 0.5 を切りたいものです(地震の影響を少なくするには高い耐震性も必要です)。

日本の住宅の気密性能の現状

しかし、北海道以外の地域でこのレベルの住宅を供給できるところはあまりありません。大手ハウスメーカーの多くは C 値を公開していないばかりか、測定すらしていません。C 値は建てた後の測定になるため、数値を保証することが難しいからでしょう。気密性を確保しやすいツーバイフォーやパネル工法は比較的マシですが、木造軸組工法や鉄骨住宅では数値にバラツキがあります。高気密という点では、大手ハウスメーカーよりも、積極的な一部の工務店の方が高性能であることも多々あります。

C 値を測定し、公開しているハウスメーカーには、一条工務店、スウェーデンハウス、セキスイハイムなどがあります。一条工務店が頭一つ抜けていて、他は 1.0 未満といったところのようです。公開していない他のハウスメーカーは、それ以下の性能しか保証できないのでしょう。今後の改善を期待したいと思います。

参考

住宅の換気が必要な理由、第一種換気と第三種換気の違い、それぞれのメリット・デメリット、そして気になる費用について紹介します。第一種換気については、全熱交換型と顕熱交換型、ダクトの有無による違いについても説明しています。
関東地方で高断熱・高気密に対応するハウスメーカー等の最新のQ値とC値を紹介しています。
気密性能を表す指標としてよく使われる C 値(相当すき間面積)について紹介します。なお、「すき間相当面積」という表記も見かけますが、住宅金融...

フォローする