全館暖房の時間帯別電気使用量からお得な電気プランを考える

スマートメーターのおかげで時間帯別の電気使用量のデータが確認できるようになったので、全館暖房時の時間帯別の電気使用量を確認してみました。

また、全館暖房では夜間の電気使用量が多くなるので、電気の契約プランによってどのくらいの差が出るのかも試算してみました。

スポンサーリンク

条件

南関東の典型的な冬の一日において、全館空調(暖房+換気)のみの電気使用量データを確認します。
この日の天気は晴れで、気温は -1 ~ 10 度(平均 4 度)でした。

住宅の条件はこちらでご確認ください。

結果

時間帯別の電気使用量

時間帯別の電気使用量は次のようになっていました。

オレンジ(右目盛)が 1 時間ごとの電気使用量で、参考までに外気温と室温の温度差も灰色(左目盛)で示しています。カタログ上の消費電力は、エアコン(2.63kW)と換気(0.12kW)で合計 2.75 kW です。

これを見ると、温度差と電気使用量はきれいに比例していません。これは、日中は日射熱取得があることと、就寝時間の設定温度を 1 度下げているためです。夜間は薄い布団でも暑いので、だいたい朝 5 時頃に設定温度を 1 度上げ、夜 21 時頃に設定温度を下げています。20 時に上がっているのは、おそらく何者かが一時的に設定温度を上げたのでしょう。

そんなわけで、わが家の時間帯別使用量のグラフは日によっても結構異なり、あまり良いデータとは言えません。が、多少の参考にはなるかもしれないので、さまざまな電気料金プランで全館暖房の電気代がどうなるのか試算してみました。

電気プランごとの推定電気代

上記の時間帯別使用電力量のデータから、関東エリアの気になる料金プランで月暖房費を試算してみた結果がこちらです。

単価は税込ですが、再エネ賦課金などは含めていません(差は出ないハズ)。従量電灯プランは計算が面倒だし、どの使用量でも Looop でんきの「おうちプラン」のほうが安くなるので省略しました。電気をたくさん使用する家庭向けの「プレミアムプラン」は計算していません。

最適なプランは?

一番安いのは「動力プラン」という結果になりました。わが家で利用している「低圧電力」(旧プラン)は、現行の「動力プラン」とほぼ同じ内容です(0.5%ポイントが付くぶん、新プランがお得)。しかし、これを利用するにはいろいろと条件があるうえ、基本料金が高いので、空調を使わない時期には割高になることもあります。

今回の試算ではオール電化向けのプランで安くなることを期待していたのですが、最近は割安な夜間のメリットが少ないので、結果として関東エリアでは大きな差にはならないようです。

非オール電化住宅向けのプランでは「夜トク12」が一番安い結果となりましたが、その差は微々たるものです。

結局のところ、電力プランの決定においては暖房以外の電気の使い方のほうが大きな決め手になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました