「タウンライフ家づくり」のデメリット!! みんなが勧める本当の理由

住宅ブログを見ていると、「タウンライフ家づくり」というサービスがよく勧められています。デメリットがあっても勧めたくなる気持ち、同じブロガーとしてよくわかります(最後まで読むとわかります)。

このサービスを知らない方のために説明すると、無料で 3 分程度の質問に答えて一括依頼をするだけで大手ハウスメーカーを含む複数の住宅会社から間取りの提案や見積書がもらえるというサービスです。

しかし世の中、無料ほど怖いものはありません。いくら手軽とはいえ、個人情報を渡すのも心配です。そこで「タウンライフ家づくり」にデメリットはないのか徹底的に調べてみました。

どうか最後までご覧いただけると幸いです。

スポンサーリンク

タウンライフ家づくりのクチコミまとめ

タウンライフを紹介しているブログは多数ありますが、信用できるのは実際の利用者のリアルなクチコミです。

タウンライフ家づくりの実際のクチコミは、e戸建てのこちらの質問ページで多数確認できました。

ざっと読んでまとめると、満足している人はいるものの、次のような口コミも見つかりました。

  • 間取りの提案を行う会社はほんの僅かで、しつこい連絡が来るだけ(利用者)
  • タウンライフからの依頼は成約率が低いのでまともに対応しない(住宅メーカー社員)
  • いきなり自宅訪問された(利用者)

タウンライフを勧めているブログでは「しつこい連絡は来ない」と書かれていましたが、携帯電話への電話が頻繁に来るなど、実態は必ずしもそうではないようです。

考えられるデメリット

上記を踏まえ、私なりにもデメリットについて考えてみました。

間取りや見積りの提案が低レベル

このサービスについて思うのは、3 分程度のアンケートで要望に沿った提案など受けられるはずがない、ということです。

住宅のプランは、家族の暮らし方、予算、価値観、趣味趣向、土地条件など無数の情報を踏まえて作られるものです。希望に沿った提案を受けたかったら、何時間もかけて対面で相互にコミュニケーションを図り、多くの情報を伝える必要があります。

かんたんなアンケートで中途半端に希望を伝えても、中途半端でテキトーな提案が返ってくるだけ(あるいは何も返ってこないだけ)でしょう。見積りにしても、かなり大雑把なものしか期待できません。

複数の間取りを手に入れたり、間取りで失敗したくなかったら、住宅展示場などに出向いて本気の相談を繰り返すか、間取りの実例や本を入手して、四六時中考えるしかないと思います。

私も、定番の本『住まいの解剖図鑑』くらいは読んだものです。今だったら、マインクラフトで 3D 模型を作っていたことでしょう。

値引きが期待できない

また、タウンライフを利用すると「値引きが期待できる」と書いているブログもありましたが、これは大いに疑問です。当初の見積りから値引きがあるのはごく普通のことだからです(断固値引きしないところもあります)。

それより、資料請求は無料でも、成約時には住宅会社からタウンライフに紹介料が支払われるのでしょうから、住宅会社にとっては紹介料負担が増える分、値引しにくくなるような気がします。

これはタウンライフに限らず一般的な話ですが、成約時に住宅会社が紹介業者に支払う成約単価の相場は、一軒あたり 60 万円とか 100 万円とかにもなるそうです。

大規模なハウスメーカーでは予算が分かれていて影響しない可能性も考えられますが、小規模な工務店などで影響がないとは思えません。

個人情報の漏洩?

クチコミには個人情報の漏洩を勘繰る声もあります。しかし、個人情報保護法がある現在、ユーザの同意なしにそんなハイリスクなことはしないでしょう。

タウンライフの申し込みフォームの「個人情報の取り扱い及びご利用規約について」を読むと、次のことがわかります。

  • 住宅会社から連絡が来ることがあり、連絡停止の申し出はユーザーの自己責任
  • 生命保険代理店に情報提供される
  • 個人情報の管理は委託されることがある

きちんと読む人は少ないと思いますが、意外なこともちゃんと書いてあります。

しつこい営業がイヤなら、「電話連絡しないでください」と書けばよいという人もいます。しかし、私は大手リクルートの SUUMO でそうしたにもかかわらず、何度断っても数年にわたって携帯に電話がかかってきたので、あまり効果はないと思っています。

参考:家づくりの一括資料請求を利用してはいけない

本当に人気の地元工務店が対象外になる

こうした一括請求サイトを利用すると、反応のあった会社の中から決めてしまいがちです。しかし、反応が良くなかったとしても、それはタウンライフ経由の申し込みだからと営業担当者に軽視されたせいかもしれず、実際に対面していれば満足いく住宅を建てられた可能性もあります。

また、本当に人気の地元工務店は紹介だけで建設可能軒数の枠が埋まるため、タウンライフや SUUMO などの住宅会社の紹介事業に登録していないことがあります。

このような会社は自分で探して見つけ出すしかないので、一括請求をすることで優良工務店を検討対象外にしてしまうのは、非常にもったいないことだと思います。

それでも勧める理由

デメリットばかり書くと「利用しないほうがいいのかな」と思うかもしれませんが、私はタウンライフの利用に反対しているわけではありません。

使いようによっては、近隣の多数の住宅会社から資料をもらえ、おおまかな価格帯がわかるだけでもメリットです。事前情報なしに住宅展示場に行ってさまようより、事前にハウスメーカーの概要を知って絞り込んでおけば、時間を節約できるかもしれません。

しつこい連絡が来るのがイヤというのなら、フリーメールを利用し、SMARTalk アプリなどで無料の 050 の電話番号を取得して入力し、用事が済んだら削除してしまえばよいと思います。たとえ非常識な営業担当者が自宅に押しかけてきても、「迷惑です!しつこいと警察呼びます!」といって帰ってもらえば済む話です。

そんなわけで、少しでも興味のある方は資料請求してみてはいかがでしょうか。

大手ハウスメーカーをご希望の方は以下のバナーから、

工務店も含めて検討したい方は以下からお進みください。

・・・とメリットもあるように書き、公平を装って勧めてみましたが、デメリットを打ち消しきれていないでしょうか?

ちょっと話の持って行き方が強引だったでしょうか?

正直に書きます。

そこまでして勧めてみたのは、資料請求 1 件につき 12,000 円もの成果報酬が入るからです!お金が欲しいんです!!

以上。セールスライティングが下手すぎるにもほどがある、正直貧乏さとるパパでした。
これでもし成約が発生することがあれば、飛んで喜びます。

これまでの成果発生数:0 件(2019/5/11 時点)

コメント