一条工務店の Q 値計算が間違っている件

シェアする

一条工務店の Q 値が良すぎるので、計算が間違っているのではないかという話をよく耳にします。私もロスガードの暖房費節減効果が怪しい件から疑問に感じていたのですが、その疑問の中身が判明しました。

一条工務店による Q 値計算の明細が次のサイトで確認できたからです。

この明細は旧タイプの i-smart の数値なので現在と異なる部分もありますが、問題は換気の熱損失量の計算方法です。ちなみに、現在の省エネ基準で使用される UA 値(外皮平均熱貫流率)では換気は対象外なので無関係です。

熱交換効率が夏は 85% に低下するという、ささいな問題ではありません。

この Q 値の計算では、換気装置(ロスガード)の熱交換率が 90% であることから、換気の熱損失量を通常換気の 10% と見積もっています。

換気による熱損失すべてのうち、90% も回収されるという仮定で計算されているのです。

この熱損失量は、明らかに過小評価です。

『住宅の省エネルギー基準の解説』(次世代省エネルギー基準解説書編集委員会編、2009)によると、熱交換型換気の場合は換気装置の消費電力が高くなる分を考慮して「見かけの換気回数」に換算して熱損失量を計算する必要があるのですが、その計算方法がまったく考慮されていません。

ロスガードの消費電力の詳細はわかりませんが、「見かけの換気回数」はおそらく 0.3 程度、良くて 0.2 程度になるものと思われます。

Q 値に換算すると、換気分の熱損失量が 0.1 ~ 0.2 W/(㎡・K) くらい増えることになります。大したことない数値に見えるものの、i-smartII の Q 値が 0.51 と 0.71 とでは、だいぶ異なります。

一般の人が計算して気付かないのは仕方ありませんが、Q 値に詳しい販売棟数第 2 位のハウスメーカーがする間違いではありません。

また、全熱交換型換気で熱交換されるのは一部だけという問題があるのですが、これについても一切考慮されていません。これは Q 値の計算上は考慮する必要がないのかもしれませんが、熱交換換気の実際の効果を考えると無視できません。ロスガード以外でも換気は行われているのですから。

換気で発生する実際の熱損失は、一条工務店が算出している数値の数倍はあるでしょう。

一条工務店の断熱性能が優れていることに異論はありません。この一件をもって、他の住宅会社は「一条工務店の Q 値はインチキだ」と批判できても、「うちのほうが断熱性能が高い」とまではなかなか言えないでしょう。カタログ値が美化されている点はどこも同じですし。

しかし、一般的な計算と異なる方法で独自に計算された Q 値に意味はありません。暖房費の試算でも実際とのずれが大きくなるため、Q 値の信頼性を損なう結果すら招きかねません。

Q 値の計算は UA 値が基準となった現在、通常行われるものではありませんが、Q 値を参考にしている消費者もまだまだ多数いらっしゃいます。

一条工務店のサイトには現在も、i-smartII の Q 値は 0.51 W/(㎡・K) であると記載されています。

しかし、故・鵜野日出男氏の 2016 年のブログ記事に気になる記述が見つかります。氏が i-smart と同じトリプル樹脂窓・硬質ウレタン計 190mm の断熱仕様で Q 値を計算したところ、

換気を別にして床・外壁・天井だけで何とQ値が0.52W/㎡・kになってしまった

というのです。

ふつうに考えると、o.51 という数値は現在も間違った計算方法に基づいて算出されているものと思われます。

もしそうであれば、一条工務店は、公表している Q 値を正しく計算し直し、訂正して謝罪するべきではないでしょうか。

正しく計算しているというのなら、熱損失量の計算の詳細を示す必要があります。そうしないと、まじめに Q 値を計算して公表している他の住宅会社が可哀想です。

反論があれば、お待ちしております。

参考までに、Q 値の計算の詳細は、Dot プロジェクトが公開している『熱損失係数(Q 値)算定基準』(PDF)で解説されています。換気熱損失量については p.18 を参照してください。

熱交換換気の熱損失については次のサイトでも説明されています。

書きかけ途中ですので後日追記があります。 以前ご紹介しているこの本が、日本におけ...

追記:
一条工務店の壁・床・天井に使用されている硬質ウレタンフォームの断熱材について、実際の熱損失は経年変化で大きくなるのではないかという疑問も発生しました(以下詳細)。

一条工務店や FP の家などでは、主な断熱材として硬質ウレタンフォームが採用されています。一条工務店のiシリーズIIでは「A種ウレタンフォー...

これは Q 値の公表値には影響しませんが、暖房費に影響する実態としての Q 値は i-smartII でも 1 に近いのではないでしょうか。

フォローする