ハウスメーカーに資料請求してはいけない

シェアする

ハウスメーカーの営業はしつこいので要注意です。気になるハウスメーカーがある場合、まとめて資料請求ができるサービスなどがあり、一見便利なようですが、こういうのを利用すると後々が面倒です。

私の場合、2015 年にリクルートの SUUMO を通じて候補のハウスメーカーからカタログを入手したのですが、その際、電話をかけないでほしい旨を記載したにもかかわらず、複数のハウスメーカーから何度も電話がかかってくることがありました。

営業の電話は無視しても何度もかかってくるので、取れるときは取って「もう契約した」、「もう家を建てた」と言って断るのですが、忘れた頃に同じ会社からまた電話がかかってきます。。

何度も停止をお願いしているのに DM を送り続けてくる木造大手ハウスメーカーもありました。大手でも顧客情報の管理は呆れるほどずさんです。

キリがないので、ハウスメーカーとわかる電話番号を着信拒否リストに登録したりして、この一年ぐらいでようやく電話がこなくなりました。結局、一度カタログ請求するだけで、2 年くらいは営業攻勢に遭うことになったのです。もちろん、すべてのハウスメーカーなどがそうではないのですが、それを事前に判別することはできません。



ハウスメーカーのカタログを入手する方法

それでもハウスメーカーの資料を入手したい場合はどうすればいいのでしょうか。

お勧めは、住宅展示場に無記名で見学に行き、直接もらうことです。記名しなくても、本気で住宅を検討している姿勢が伝わればカタログはもらえます。

時間がない場合は、有料でも、メルカリなどで入手するほうがマシかもしれません。

また、仕方なく請求する場合も、まとめて請求するのではなく、個別に問い合わせて請求したほうが、一度断れば来なくなることが多いようです。

フォローする