カタログのQ値、UA値は当てにならない

シェアする

三井ホームは2016年3月、ZEH対応のグリーンズゼロという商品を発表しました。詳細を見ると、標準仕様より高性能な真空トリプル樹脂サッシと高断熱玄関ドアを採用したとのこと。その断熱性能の数値(UA=0.46)を見たときは驚きました。なんと、三井ホームのホームページやカタログに記載されている標準仕様(UA=0.43)よりも断熱性が低いのです。

こんな矛盾した発表をよくするなと思いましたが、実情はすぐにわかりました。標準仕様とされているカタログの断熱性能が、実は現実離れした数値なのです。同じ断熱仕様でも、窓の大きさや建物の形状を計算に有利な条件とすることにより、UA値を故意に良く見せているのです。我が家は三井ホームで標準より高断熱な仕様での設計を依頼しましたが、提案されたプランのUA値はというと、標準仕様の参考値より劣るものでした。推測ですが、ZEH対応として発表したグリーンズゼロではZEH基準のモデルで計算を行う必要があり、標準より悪い数値でも発表せざるを得なかったのでしょう。

これは三井ホームに限った話ではなく、「当社モデルプランでの試算」としているすべてのハウスメーカーに当てはまります。Q値やUA値を見るときは、モデル試算値なのか、実際の家の平均値なのかに注意する必要があります。

それでは、実際の家はハウスメーカーの公表値とどの程度の差があるのでしょうか。スウェーデンハウスでは、モデルプランの Q 値は 1.14 ですが、2012年度の実績の全国平均として 1.42 という数値も公表しています。また、三井ホームの過去のモデルプランの Q 値は 1.98 でしたが、基準プランで計算すると 2.49 になるという数値も同時に公開されていたようです。どちらも約 25% 増となっています。実際に建てるとなると、カタログの値より 2~3 割落ちると思った方がよいのでしょう(形状や窓の量しだいですが)。気になるハウスメーカーが試算値しか公表していない場合は、実際に建てられた家の数値をいくつか確認してみるとよいかもしれません。

おすすめの記事:

ハウスメーカーが熱損失係数Q値を良く見せるカラクリ
断熱性能はどこまで求めるべきか(Q値とUA値)
断熱性能を示すQ値とUA値の違いと注意点
大手ハウスメーカー全社の断熱性能(UA値)比較ランキング【2017】

フォローする