エアコン暖房が低コストである理由

シェアする

近年、エアコン暖房は、高効率の暖房手段として高断熱住宅を中心に広まっています。エアコンが高効率で低コストと言われるのはなぜなのでしょうか。ガス、灯油による暖房などと比較してみたいと思います。

各種エネルギーの単価

こちらのページによると、熱量 1 GJ あたりの単価は次のとおりです。

電気:7,800 円
都市ガス:3,700 円
LPG:6,000 円
灯油:2,500 円

なお、GJ を kWh に換算すると、1 kWh あたりの単価は次のようになります。

1 kWh あたりの単価

電気:28 円
都市ガス:13 円
LPG:22 円
灯油:9 円

どちらも割合は同じですが、これらを見ると、電気の暖房は一番安い灯油より 3 倍以上も高そうに見えます。

しかし、エアコンには他にない特長があります。

高効率なのはエアコンだけ

エアコンでは、ヒートポンプ技術外部参考サイト)を利用することにより、消費エネルギーの数倍の熱エネルギーを得ることができます。この倍率を
COP(成績係数)と呼びます。

COP の値は暖房と冷房などで異なります。近年のエアコン性能は APF(通年エネルギー消費効率)で表記されるようになりましたが、COP は「暖房(または冷房)能力」(単位:kW)を「暖房(または冷房)消費電力」(単位:kW)で割ることによって算出することができます。

消費エネルギーで比較すると…

ヒートポンプを使わないその他の暖房手段で得られる熱エネルギーは、最大でも消費エネルギーと同じ(COP = 1)です。ということは、同じ暖房負荷に対して必要なエネルギー(消費電力)は、エアコンの場合、1/COP で済むということになります。

たとえば、単位エネルギーあたりの電気料金が灯油代より 3 倍高くても、COP が 3 より大きいのであればエアコンの方が安く暖房できることになります。

ちなみに、価格コムで一番売れていた以下のエアコンの仕様を見ると、暖房 COP は 4.68 もあります。

我が家の全館空調システムでも、暖房 COP は 4.26 です。エアコンの効率は年々進化しており、最新型ではもっと高効率のものもあります。

エアコン暖房が高効率で低コストな暖房方式と言われるのは、そういうわけなのです。電気料金は今後上がる可能性がありますが、その場合は灯油代やガス代も上がるでしょうし、COP が 4 を超える状況ではエアコン暖房の優位性は変わらないでしょう。

なお、暖房能力だけを見るとエアコンは弱いのですが、高断熱住宅では必要な暖房能力が小さくて済みます。エアコンでも十分に家全体を暖めることができます。寒冷地でもエアコン暖房が広まっているのは、そのためです。

エアコン以外の電気暖房は高コスト

参考までに、最も高コストなのは、ヒートポンプ技術を使わない電気暖房です。電気暖房には、セラミックファンヒーター、オイルヒーター、ハロゲンヒーターなどいろいろありますが、どれも部屋を暖める用途では非常に高くつきます。

よく最新式で高効率などと宣伝されていますが、それは「空間を効率的に暖める」という意味ではなく、「近くで当たっているところは従来品より消費電力の割に暖かく感じる」という意味でしかないのです。いくら最新のものでも、消費エネルギーを超える熱エネルギーを生み出すことはできません。つまり、空間を暖める用途ではエアコンの効率には到底かなわず、これらは局所的な用途でのみ使うべきものなのです。

なお、暖房器具を選ぶ際は室内空気汚染にも注意が必要です。石油やガスを使う場合は FF 式でないと室内の空気が汚染するため、高気密住宅には不向きです。

参考 高断熱・高気密住宅は乾燥する?

フォローする

『エアコン暖房が低コストである理由』へのコメント

  1. 名前:xt 投稿日:2018/02/13(火) 19:51:26 ID:a6a566cd7 返信

    全館空調をこれから導入しようとする者としては勇気の湧いてくる嬉しい記事です。
    低圧電力で安定ローコストってのも良いですよね。基本料金もそこそこしますが。
    気になるのは、動力電源なので、太陽光と蓄電池で完全自給自足の生活をすることは
    できないということ。そんなこと気にする人は1%もいないと思いますが(笑)

    (普通は新しい製品が出ても買い換えが困難とか、故障時とかを気にしますよね)

    • 名前:さとるパパ 投稿日:2018/02/14(水) 08:23:21 ID:394052cc7 返信

      三井ホームの標準仕様のように電力を多く使う場合には低圧電力はメリットが大きいですね。個人的には電気設備にお金をかけず、もっと高断熱にして消費電力を減らしたいのですが、太陽光のような補助金や料金制度上のメリットを受けられないのが残念なところです。次に家を建てるとき(?)は、基礎内断熱の床下エアコンと太陽熱利用給湯システムの導入を検討したいと思っています。

  2. 名前:くろーばー 投稿日:2018/02/18(日) 00:04:32 ID:0a4e39cc4 返信

    さとるパパさん、こんにちは。

    先日はコメントありがとうございました。
    あれから全館空調などについて、あれこれ考えてみました。

    3月上旬ごろに全館空調についての記事をアップしようと思います。

    その際に、さとるパパさんのブログや、先日に書いて頂いたコメントを
    記事でご紹介させて頂いても良いでしょうか?

    よろしくお願いしますm(__)m

    • 名前:さとるパパ 投稿日:2018/02/18(日) 07:01:54 ID:4760413bb 返信

      こちらこそ、ありがとうございました。私もくろーばーさんの視点が勉強になりました。

      コメントが長くなり乾燥のテーマとずれるので控えましたが、私なりに整理すると、やはりペアガラスとトリプルガラスとではコールドドラフトの影響に差があり、高断熱・高気密ほど上下の温度差は小さいと思います(窓の配置や間取りも影響)。

      ただしこの温度差は空気の流れ(エアコンまたは全館空調吹出し口の配置)で軽減できそうです。故・鵜野日出男さんによると、断熱的に弱い窓に向かって水平に暖房の風を送る方法が快適のようです(該当記事)。窓の内外温度差が増えて熱損失は微妙に増えるかもしれませんが、冬も夏も快適になると思います。

      床の暖まり方がエアコンと全館空調で異なるなら、エアコンから離れた場所でどうなのかが気になるところです。今後の更新を楽しみにしておりますので、その際は個別記事やコメントなどもご自由に使っていただければ幸いです。

      よろしくお願いします。

  3. 名前:くろーばー 投稿日:2018/02/18(日) 19:08:18 ID:0a4e39cc4 返信

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    ペアガラスとトリプルガラスとではコールドドラフトの影響に差があり、高断熱・高気密ほど上下の温度差は小さいと思います(窓の配置や間取りも影響)。
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    そうですね。

    窓の大きさ
    ガラス面がペア・トリプル
    スペーサーが樹脂、アルミ
    サッシの太さ

    など、様々な面で熱の移動する量が変わるのだと思います。

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    ただしこの温度差は空気の流れ(エアコンまたは全館空調吹出し口の配置)で軽減できそうです。故・鵜野日出男さんによると、断熱的に弱い窓に向かって水平に暖房の風を送る方法が快適のようです(該当記事)。窓の内外温度差が増えて熱損失は微妙に増えるかもしれませんが、冬も夏も快適になると思います。
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    ですね。

    寒冷地にお住まいで断熱・気密に詳しい施主の方々では、コールドドラフトが起こる窓下にパネルヒーターを設置するのをよく見聞きします。

    エアコンならば断熱の弱い窓に向けて冷暖房する方が、温度ムラが少なくなるので快適性アップですよね。

    我が家も窓に向けてではないのですが、エアコンの向きを変えてみようかと考えています。(玄関・階段方向)

    夏場のエアコンの効き方を体感してからにしようと思うので、来年の冬にやってみようと思います。

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    床の暖まり方がエアコンと全館空調で異なるなら、エアコンから離れた場所でどうなのかが気になるところです。今後の更新を楽しみにしておりますので、その際は個別記事やコメントなどもご自由に使っていただければ幸いです。
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    まさしく記事に書いたところなのですが、エアコンから離れた場所(2階の床)は、やはりリビング床に比べると冷たいです。

    エアコンの気流が直接当たらないのが大きな原因だと思います。
    また詳しくは記事で書いてみます。

    記事、コメントの引用、ありがとうございます。
    大切に使わせて頂きます(^o^)/