構造用合板の耐久性は半端ない

「ベニヤ板のことは嫌いでも、構造用合板のことは嫌いにならないでください!」と涙ながらに訴えたいと思います。

現代の木造住宅で多用されている構造用合板ですが、単なるベニヤ板だと思ってナメてもらっては困ります。

まず、安い家具に使われているベニヤ板やコンパネなどとは強度が別物です。たった 9mm の厚さで強固な壁を構成でき、たった 12mm の厚さで床を支えられる強度は伊達ではありません(根太レスでは 24mm が一般的)。

ホームセンターに行けばたいてい置いてあるので、今度触って確認してみてください。

また、「水に弱いから雨に濡れたらブヨブヨになってすぐに腐る」、なんて大間違いです。水に塗れると色は変わりますが、特類は 72 時間煮沸するなどして高い接着耐久性が確かめられています。

その証拠として、以下の写真をご覧ください。


これは、コケが生えるようなジメジメした庭土のうえに約3年間放置した構造用合板(2級特類、9mm 厚)です。風雨に打たれ、直射日光が当たり、虫がうじゃうじゃいる過酷な環境で野ざらしだったにもかかわらず、ところにどころ凹みはあるものの、ほぼ原形を保っています(同様に放置していた木材や竹はとっくに朽ちています)。

見た目だけでなく強度も維持されており、段差に置いて私が乗っかってみても割れないほどです。まさかここまで強いとは思っていませんでした。

農地の隣の庭土にシロアリがいないかどうかはわかりませんが、構造用合板はシロアリにも食べられにくいのでしょうか(食害を受けた事例は検索すれば見つかります)。虫にあまり食われないのは、接着剤に含まれる毒物で虫を寄せ付けていないからではありません。ホルムアルデヒドの放散はわずか(F☆☆☆☆)ですし、合板の下にはミミズやカメムシが越冬しようと集まっています。

構造用合板を住宅の構造用部材として使う場合、基本的には乾燥状態となるハズです(気流止め、通気層、外壁・屋根のメンテナンスなどに問題がなければ)。直射日光が当たることもありません。

そんな恵まれた環境であれば、かなり長期にわたる耐久性が期待できるのではないでしょうか。

この機能で 1 枚千円くらいとか、安すぎです。構造用合板を DIY に使えば、外観はともかくとして、強度とコスパ、安全性は最強でしょう。

ちなみにツーバイフォーに使われる SPF 材は、安くて加工しやすいいっぽう、耐久性は高くありません。しかし、乾燥状態を維持したり、必要に応じて防腐処理を行えば、十分に長持ちします。

ツーバイフォー材で物置をつくった際に余った切れ端で椅子を作ったのですが、これもオイルステイン系の木材保護塗料を塗ったところ、雨の当たる屋外に置いていてもまだまだ健在です。

関連
三井ホームの壁に使用している構造用合板
木造住宅の構造材としての無垢材、集成材、SPF材
シックハウス対策にこだわるなら建物より家具・換気
木造住宅の寿命は20年~200年?住宅仕様と耐久性の変遷

コメント

タイトルとURLをコピーしました