草刈りも芝刈りも嫌なのでセンチピードグラスの芝生にしてみた

空地を放っておくと雑草が生え、すぐに腰より高く育ってしまいます。庭がそんな状態になっていると空き家みたいなので、見た目だけでなく防犯上も問題があります。

かといってキレイな芝生を維持するのも大変で、意外と楽しい芝刈りも暑い時期は汗だくになるので、やっぱり億劫になってしまいます。

そんなわけで、無駄に土地が広いわが家の庭では、省力管理の芝を 3 種類試しています。

低コストで管理がラクな芝生の品種
種から育ててみた芝生 3 品種(野芝ゼニス、ティフブレア、トールフェスク)

場所ごとに使い分け、3 シーズン目となる現在も全品種かろうじて生き残っています。野芝ゼニスもお気に入りですが、なかでもお勧めはティフ・ブレア(ムカデ芝とも呼ばれるセンチピードグラスの一品種)です。

スポンサーリンク

ティフ・ブレアが特にお勧めな理由

ティフ・ブレアがお勧めなのは、簡単に定着し、草刈りをしないでも雑草が生えず、30cm 未満くらいの草丈で収まるからです。

普通の芝のほうが美観は優れており、野芝は踏んでも丈夫なところや、刈ればキレイになるところは気に入っています。しかし、やはりいくら野芝でも、2 カ月も放置すればボサボサになるし、ところどころ雑草も生えてしまいます。

手入れできないくらいなら、放置してもひどくならないティフ・ブレアがいい、という結論に至ったわけです。

ティフ・ブレアは本来、家庭の庭向けの品種ではなく、田んぼの畦畔や道路の緑地帯、法面などに向いている品種ですが、画像検索で見た限り、しっかり芝刈りすればそれなりにキレイな芝生にもなりそうです。

ティフ・ブレアの育て方

ティフ・ブレアの育て方はとても簡単です。まず、グリホサート*(例:ラウンドアップ)などのすぐに分解される非選択性除草剤を撒き、多年生植物の根っこまで枯らせます。その後、適当に土を耕し、適当に種をまき、しばらく水やりをするだけです(詳細はこちら)。

数カ月すると雑草だらけになり、育っているのか不安になりますが、最初のシーズンはそれで構いません。下のほうまで日が差すように、雑草を含めて草丈が 30 cm 以下になるように時々草刈りをすれば問題ありません。翌年の春にはティフ・ブレアの割合がぐっと増えていることでしょう。

肥料もほとんど必要ありません(むしろ与えすぎが有害)。

温暖地の播種期は 4 月中旬から 8 月中旬くらいとのこと。わが家には芝生を植えず雑草が酷くなっているところがまだあり、今からでもギリギリ間に合いそうなので、今年も植えてみようかと思っています(または移植)。

雑草に対して安価で安全・効果的な除草剤として多用されているグリホサートですが、近年、その発がん性が問題視されています。国際がん研究機関(IARC)の発がん性対象一覧(Wiki)で、グループ 2A(ヒトに対する発癌性がおそらくある)に分類されたからです。

とはいえ、グループ 2A は赤肉(牛肉・豚肉など)と同じ発がん性レベルであり、グループ 1 に分類されるソーセージなどの加工肉よりは低いレベルです(それを知って加工肉を控えています)。

多用して吸入するリスクがある人にとっては問題があるのかもしれませんが、上記の方法で一回だけ使用するくらい、まったく問題はないでしょう。そのうち販売や使用が禁止される可能性がありますが。。

ティフ・ブレアを植えれば、除草剤を使用する必要がなくなります。砂利の間や空き地に生える雑草に毎回使用するよりは、健康的ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました