低コストで管理がラクな芝生の品種(種まきの芝生)

関東以西の温暖地で、管理がラクな芝生を低コストで実現する方法を検討します。
通常、芝生といえば苗を張るものですが、ここでは、暖地型の芝生を種まきによってつくる方法に焦点を当てています。

本題に入る前に、これまで芝生を管理したことがない方は、「基本的な芝生のつくり方」の記事を先にお読みください(管理が楽な張芝の品種も紹介しています)。

さて本題です。管理が楽な究極の芝生とは、乾燥、過湿、病害虫に強く、横に拡がって穴を防ぐ回復力が高く、成長が遅いことです。日本に自生する日本芝(高麗芝、野芝)は日本の気候環境に合っているため、これらの条件を高いレベルで満たしています。

なかでも上記の条件を最も満たすのは、野芝(ノシバ)です。
高麗芝より成長が遅く、芝生の高さを高く保つことができるため、芝刈の頻度を少なくすることができます。
高麗芝と異なり、種から育てることもできます。種の価格は芝生の種のなかでは比較的高い(平米当たり300円超)のですが、張芝よりは安く造成できます。

ただし野芝には欠点もあります。葉の幅が広くて硬いこと、密度が低いことです。
要はふつうの芝よりもワイルドで、繊細な美観は得意ではありません。
ただし、これらの欠点がいくらか改善された改良品種(ゼニスなど)もあります。

密度が低いと雑草がはびこりやすくなりますが、野芝などの日本芝には、芝以外の雑草を選択的に枯らす除草剤(シバゲンMCPP 液剤など)を使うこともできます。ノシバを家の芝生として採用している人は少なく、情報が少ないことも欠点で、不安もありますが、私はこのノシバ・ゼニスを採用し、育成中です。経過はいつか追記します。

日本芝以外で管理が楽な芝生としては、センチピードグラス(品種「ティフブレア」など。ムカデシバとも言う)が注目されています。
価格はノシバと同程度(平米当たり300円超) ですが、横に拡がる速度が非常に速く、他の雑草を抑制する物質を出すアレロパシーという効果があるため、雑草がほとんど生えなくなるようです。
最初はいくらか手間がかかりますが、定着すれば年1回の刈り込みで良いとのことなので、手間暇をかけたくない方には最適です。
ただし、耐陰性、 耐旱(かん)性、耐踏圧性は日本芝ほど高くなく、停滞水には弱いとのことなので、いくらか場所を選びます。

ちなみに、暖地型の芝の品種としては、バミューダグラス・リビエラという西洋芝が人気です。
競技場や公園に使われるほど強い品種で、種も比較的安く入手できます(平米当たり100円超)。
耐旱(かん)性や回復力が非常に強く、上記の条件の多くを満たしていますが、欠点は成長が早い(=頻繁な刈り込みが必要)ことと、耐陰性が低い(日当たりがいいところでないと育たない)ことです。肥料も多く必要とします。
葉は日本芝に似ていますが、ノシバと違って柔らかく、ほふく茎が立ち上がりやすい、枯れた後が日本芝より白色で目立つという特徴があります。オーバーシーディングのベースに向いているようです。

ここで紹介した 3 種は、発芽、初期成育が遅く初期養生に手間がかかるという問題もあります。いろいろ考えると普通に高麗芝を張るのも良い選択肢ですが、庭が広く管理の手間を省きたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

なお、上記の芝は比較的管理がラクではありますが、それでも美観を保つにはそれなりの手間がかかります。コストはともかく、とにかく手間をかけずに美観を保ちたいという場合には、
人工芝という選択肢もあります。

わが家の近所に年中いつも芝生がきれいな家があり、

「この長さの芝を枯らすことなくディズニーランド並みに管理するなんて、いったいどんな達人が住んでいるんだ!」と気になっていたところ、近くでよく見たら人工芝だった、ということもありました。

ただ、DIYでは水はけや凹凸の問題が起きがちで意外と難しく、失敗すると人工感が露呈して、残念なことになります。

きれいに長持ちする人工芝は次のようなプロに任せるのがお勧めです。

PR 人工芝工事で全国1位の日本人工芝計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました