築3年半でわかってきた戸建住宅のダニ・カビ事情

新しい住宅に住んでからカビが減ったという感じはしたものの、新築では単に新しくて清潔な物が多いからそう感じたのかもしれず、長期的に確認しないとわからないこともあります。

築3年半ではまだ長期とは言えませんが、現時点で実感していることを書き留めておきたいと思います。

スポンサーリンク

カビはやはり発生しにくい

結露が発生しにくくなったため、カビの発生はかなり抑制されていると感じます。水回りで換気されない戸棚の中などには湿気取りを置く必要がありますが、カビが発生するのはごく一部です。発生する場所でも、その量は以前の住宅と比べるとかなりマシです。

関連
窓サッシにカビが生えていました…(エピソード)
APW 330に発生してしまった黒カビの対策
入居2年目でも浴室にカビは生えないが、汚染しやすいエプロンは問題あり

ちなみに以前住んでいたコンクリートのマンション(高気密だが窓はアルミサッシの単板ガラス)は、24 時間換気が機能していないのに加湿器を使っていたせいもありますが、ひどいものでした。

窓はいくら拭きとっても発生する結露によってすぐにカビが発生し、カーテンにまでカビが生えていました。家具を置けば、通気の悪い壁側にカビが発生していました。本棚の本も、時間が経つとカビが生えてきます。クローゼットや押し入れの中も湿気がたまりやすく、布団は頻繁に干す必要がありました。風呂の黒カビもすぐに発生します。

それより古い昭和の木造住宅では、低気密・低断熱すぎて結露が発生しませんでした。自然換気だけで換気が良すぎるため、寒さはともかく、カビに関してはマンションよりマシでした。それでも、室内空気は外気と同等なので、梅雨時の押し入れの中などは注意が必要だった気がします。

これらの問題は、今の住宅ではほとんど解決されたと言っていいのではないかと思います。窓はサーモスXかオール樹脂サッシ(樹脂スペーサー)以上であれば結露がほとんど発生しなかったでしょうから、改善の余地もあります。

関連 ペアガラスの結露の発生量を実際の画像で比較する

家具やカーテンがカビで痛むことなく長持ちしそうなのは、意外と嬉しいポイントです。高い家具があったとしてもカビてしまっては最悪ですが、この環境ならかなり長期にわたって利用できることでしょう。

カビと闘って家事にかけていた時間も、明らかに減っています。

カビに関しては、高性能窓を採用し、換気が不足していなければ、かなりの改善が期待できるのではないでしょうか。

ダニは空調しだいで抑制できる

一方、ダニに関しては、わが家では問題を感じない程度に抑えられていますが、条件によってはふつうに発生する気がします。

ダニを防ぐには、高断熱・高気密であるだけでは十分ではありません。

ダニの好適環境は、湿度 60%~80%、室温 25~28℃だそうです。これは、相対湿度 70% 以上を好むカビよりもやっかいです。いくら換気していても、梅雨時から夏にかけては、除湿しなければそうなってしまうからです。餌となるチリやカビは減らすことはできてもゼロにはできないため、多少は発生してしまうのでしょう。

わが家では、梅雨時も湿度が概ね 60% を超えないよう、常に全館空調での除湿(再熱除湿と弱冷房除湿)を心がけています。空調の設定が難しいので超えてしまうこともありますが、平均すると容積絶対湿度で 13 g/m3 くらいです。気密や換気計画にこだわらなかったために電気代が高くついていますが、ダニがほとんど発生していないように感じるのは、この除湿のおかげだと思っています。

同じ三井ホームの別の住宅(全館空調あり)で、ダニが発生している住宅も知っています。その家はとてもキレイ好きで掃除が行き届いており、わが家よりも調湿材が多く使用されていますが、空調を積極的に利用せず、あまり除湿を行っていません。ソファやカーペットなどでダニが発生しているのは、おそらくこの違いのためでしょう。

ダニは湿度 60% 以下で繁殖力が落ち、40~50% の環境では 5~11 日で脱水のため死滅するという情報もあります。

参考 「ダニ・カビを減らすための効果的な環境整備メニュー」(PDF)、愛媛生協病院小児科・アレルギー科

なお、ダニについては寝具も重要かもしれません。わが家で寝具のダニが問題にならないのは、ダニが発生しにくい羽毛布団や高密度の防ダニカバーを使っているためかもしれず、そうでない場合に除湿だけでダニが発生しないかどうかは不明です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました