住友不動産を評価する

シェアする

住友不動産はマンション供給戸数日本一で分譲マンションの印象が強いのですが、木造の注文住宅にも昔から対応しています。大手で比較的安くツーバイの家を買いたい場合はお勧めできるハウスメーカーです。最近では、従来からの2×4工法、2×6工法に加え、ウッドパネル工法も展開しています。ウッドパネル工法とは、シャーウッドのような金物を使用した軸組工法です。価格帯はあまり変わらず、揺れにくさは完全な面構造のツーバイの方が優れており、2×6と同等の断熱性能を確保するには外断熱とトリプル樹脂サッシの窓が必要になるようなので、本命は2×6工法です。2×6工法で建てられない間取りなどの場合は、ウッドパネル工法が選択肢になるかと思います。

耐震性:★★★ (大震災で損傷も少ない)
ツーバイ工法なので十分な耐震性が期待できます。阪神大震災でも全半壊はゼロでほとんどが無傷だったとのことです。この頃は2×4工法なので、2×6工法ではさらに4%ほど耐震性能が高いそうです。制震装置などの耐震性を高めるオプションも豊富です(不要だと思いますが)。このレベルであれば、瓦屋根や吹き抜け空間も問題なく採用することができます。
断熱性:★★☆ (次世代省エネの東北レベル。オプションでQ<1.6が可能)
2×6のモデルプランのQ値は1.35とのことなので、実際の家ではおそらく1.7前後です。標準の窓はアルミ樹脂サッシのペアガラスです。この断熱性能でも全館空調を付ければ快適に過ごすことができますが、ランニングコストを下げ、省エネに貢献するためには、窓の仕様を上げ、Q値1.6以下程度にすることがお勧めです。冬にしっかり加湿した場合にも結露が発生しにくくなります。
気密性:★★☆(断熱性能を損なわない、C<2.0レベル)
気密性能を確保しやすいツーバイフォー工法ですが、基本的に気密測定を行っていないため、数値は不明です。標準の換気システムはダクトレスの第三種換気なので、この気密性能で隅々まで十分な換気が行われるのかは疑問が残ります。初期費用は高くなりますが、オプションの全熱交換式の全館24時間冷暖房計画換気システムを導入すれば、この問題は解決できます。このレベルの断熱性能であれば全館空調でもランニングコストがあまりかからないので、このオプションはお勧めです。
コストパフォーマンス:★★☆(普通)

坪単価は50万円台あたりと思われます。ハウスメーカーの中では低価格帯ですが、設備の仕様は高級です。ただし標準では換気システムが不十分なので、全館空調を採用すればそれなりに上がります。30年間塗り替え不要の耐久性の高い外壁材も選べるので、維持費は安く抑えられそうです。

特長1:日本最大級の不動産会社
大手で長年の実績がある会社はやはり安心です。土地から探すこともできます。大手不動産会社だけあって住宅設備を安く大量に仕入れられるので、高級な設備を低価格で採用できるのは大きなメリットです。

特長2:J-URBANシリーズ

グッドデザイン賞受賞の人気シリーズです。都会的でモダンなデザインを中心にさまざまなデザインが用意されています。

ここが不満
ウッドパネルセンチュリーでは樹脂サッシのトリプルガラスが標準なのに、2×6工法の標準仕様はアルミ樹脂サッシのペアガラスです。もうワンランク上を標準にしていただきたいものです。

また、標準仕様の換気システムでは不十分です。標準仕様のアルミ樹脂複合サッシでは湿度のムラや結露が生じてカビやダニが発生するおそれがあります。気密性を高め、ダクト式第三種換気のオプションも用意していただきたいものです。

おすすめの記事:

フォローする