全熱交換型第一種換気で熱交換されるのは一部だけ

シェアする

熱交換型換気は必要か」などの記事で述べたように、全熱交換型の第一種換気システム(三井ホームのスマートブリーズや一条工務店のロスガードなど) では、換気量のすべてが熱交換の対象になるわけでありません。熱交換の対象となる換気量は実際、どの程度なのでしょうか。

わが家のケースでざっと計算してみたところ、換気ユニットを通じて換気される空気の割合は総換気量の半分以下でした。内訳は次のとおりです。

・レンジフードの風量は強度「中」の場合の風量です。わが家のレンジフードには常時換気モード(風量: 170 ㎥/h )があります。わが家ではあまり使用しないため上記の計算には入れませんでしたが、これを常時使用したとすると、1 日あたりの換気量は約 4500 ㎥ にもなります(住宅の常時換気設備の代用として使う機能のようです)。
・風呂の換気扇については、「強」か「弱」だけを選択できるようになっています。わが家では 1 日の半分ほどを「強」にしているため、上の計算では強と弱の平均の風量を使用しています。
・トイレの換気扇は常時「弱」で稼働していますが、人感センサーで使用時に「強」になります。風量は弱より少しだけ大きい数値を使用して計算しました。
・玄関にも湿度センサー付きの換気扇がありますが、稼働していないことが多いので省略しています。
・漏気量は、C 値 1.2 程度の第一種換気システムでの推定値です。実際はもっとあるかもしれません。

ちなみに、換気対象の空間の体積は、約 360 ㎥ です。このため、1 時間あたり 0.5 回の換気を行うために必要な換気量は、180 ㎥/h となります。わが家の換気ユニットの風量はこれより大きめの設定になっていますが、十分な換気が行われていない住宅が多いため、あえてそうしているのかもしれません。

それにしても、熱交換換気される空気の割合が半分以下であるとは驚きです。熱交換型の第一種換気システムを扱っているハウスメーカーで公表しているのは換気ユニットの熱交換効率だけであり、この事実を公表しているところは見たことがありません。熱交換型換気システムでは湿度を維持する効果もありますが、換気システムを経由しない換気や漏気は対象外となるため、よほど高気密な住宅でないと効果を発揮できないのではないでしょうか。第一種換気は消費電力が大きいこともあり、調べれば調べるほど、温暖地で熱交換型換気は不要である気がしています。

参考 第一種換気と第三種換気

フォローする