高断熱住宅が子供の健康に与えるメリット・デメリット

シェアする

住宅は過ごす時間が長いので、健康に大きな影響を与えます。高断熱住宅の健康への影響については過去に「家計にも身体にも優しい高断熱・高気密住宅」という記事でまとめています。我が家には、鉄筋コンクリート造のマンションで育ち、現在は高断熱住宅で暮らす子がいます。 ここでは、こどもの健康についてメリット・デメリットを紹介したいと思います。

メリットとしてまず思い浮かぶのは、夜の睡眠トラブルが減ったことです。
以前は夜暑いと寝汗をかいて汗疹(あせも)を起こすことが多かったのですが、夜の室温が快適になり、これが改善しました。以前もエアコンはあったのですが、風が直接当たると不快なのでうまく利用できませんでした。また、こどもは寝相が悪くすぐに布団から出てしまうのですが、冬は布団から出ても身体が冷える心配がなくなりました。

もう一つのメリットとして、アレルギー疾患になりにくいことがあります。上記の投稿でも各種アレルギー疾患が高断熱住宅に住むことで改善するという調査を紹介していますが、小児喘息などのアレルギー疾患にはダニが深く関係します。専門家による新書『親と子の食物アレルギー』を読むと、食物アレルギーのある子は特に、進行を予防するために注意した方が良いようです。「住宅の高気密化はアレルギーの原因か?」にも書いたように、高断熱・高気密住宅では湿度を管理してダニの発生を抑えることができます。以前の住宅では(ダニのエサとなる)カビが発生しやすかったため、これは健康上大きなメリットだと思います。

デメリットは、外に出たくなくなることです。性格もあると思いますが、家が快適すぎて外で遊びたくないそうです。「外で元気よく遊ぶこども」を理想とするなら、全館空調は向いていないかもしれません。興味がある場所や、おもちゃ屋さんにはすぐ行くのですが。。。

冷房のデメリットとして、「汗腺の発達が 3 歳までの環境によって決まる」ということがよく言われます。小さいころに空調の効いた部屋で汗をかかないでいると、汗をかけない体質になるという説です(参考リンク:「「汗っかき」は3歳までに決定する!?」)。これには設定温度を夏に高めにする方法もありますが、我が家では家族に嫌がられます。なんとか興味をそそる提案をして外へ連れ出し、運動させるようにしています。

フォローする