【ローコスト限定】高断熱・高気密に対応するハウスメーカー等の一覧

シェアする

高断熱・高気密の住宅は、どうしても高価格になります。スウェーデンハウス、三井ホーム、一条工務店などはすべて高額です。しかしながら、比較的低価格でも、高断熱(UA<0.46)、高気密(C<1.0)が実現可能なハウスメーカー等もあります。ここでは、比較的大手で、坪単価 60 万円くらいまでの予算で高断熱・高気密の住宅を実現できると思われるハウスメーカーやビルダーを紹介します。耐震性についても触れています。

タマホーム

ローコスト住宅最大手のタマホームでは、性能の数値は公表していませんが、オプション次第で高断熱・高気密が可能です。「大安心の家 [暖] PREMIUM」 という最上位クラスがあり、これがなかなかの仕様となっています。窓にはトリプルガラスの高性能サッシを採用し、壁に「吹付けウレタン断熱」を採用しているため、十分な断熱性能・気密性能を確保できることが期待できます。全熱交換型換気システムも採用しています。耐震性においても、木造軸組工法ではありますが、構造用面材による補強と、制震装置も付くため、高レベルです。これで坪単価が 50 万円台くらいならば、コスパは良いと言えるでしょう。施工のレベルや自由度などその他の面は不明ですが、断熱性能、気密性能に関しては優秀だと思います(数値が出ていない点が気がかりですが)。

アイフルホーム

LIXIL 住宅研究所のアイフルホームでは、2017 年 8 月に高断熱・高気密に対応したセシボの新シリーズを発表しました。最上位の「セシボ極」では、一条工務店のiシリーズに対抗できるレベルの、UA=0.30、C=0.61 を打ち出しています。それに次ぐ「セシボ零」でも、温暖地で UA=0.52(参考値)、C=0.61 となっています。「セシボ零」でも、トリプルガラスの樹脂窓を採用すれば、十分な断熱性能・気密性能を確保できるでしょう。耐震性においても、木造軸組工法ではありますが、構造用面材による補強と、制震装置も付くため、高レベルです。これで坪単価が 50 万円台後半くらいならば、似たような工法の「FP の家」や、他のハウスメーカーと比べ、コスパは良いと思います。施工のレベルや自由度などその他の面は不明ですが、断熱性能、気密性能に関しては優秀です。C 値の測定を行う点も安心です。

住友不動産

住友不動産の注文住宅ではさまざまな工法が可能ですが、注目は 2×6 工法です。気密性能については C 値の公表がなく、吹付け断熱ではないため 2.0 以下くらいでしょうが、Q 値は 1.35 と公表されています。耐震性においては、ツーバイシックス工法に加えてコーナー部の強化があるため、最高レベルだと思います。大地震が起きても内外装の損傷もないと思われます。坪単価はおそらく 60 万円程度なので、他の大手ハウスメーカーよりはコスパが良いのではないでしょうか。(参考記事:「住友不動産を評価する」)

ヤマト住建

関東と関西で木造軸組工法の高断熱住宅を提供しています。気密性能については、C値 1.0 以下を基準としています。Q 値や UA 値にはさまざまなラインナップがあり、樹脂サッシのトリプルガラスに対応しています。耐震性においては、木造軸組工法ではありますが、構造用面材による補強と、制震装置も付くため、高レベルだと思います。


以下は、主に関東のみの展開となるハウスメーカーです。

ウィザースホーム

枠組壁工法(2×6)の注文住宅を比較的低価格で提供しています。 気密性能についてはC値が公表されていませんが、現場吹付け発泡の断熱材を採用しているので、それなりの高気密を期待できそうです。Q 値は 1.34 と公表されています。耐震性においては、ツーバイシックス工法なので問題ないでしょう。全館空調も選択可能です。坪単価はおそらく 60 万円程度なので、他の大手ハウスメーカーよりはコスパが良いのではないでしょうか。
(参考記事:「新昭和ウィザースホームを評価する」)

木下工務店

枠組壁工法と在来木軸工法に対応しています。現場吹付け発泡の断熱材を採用しており、C 値は 0.5~2.0 と紹介されています。三井ホームなどの一般的な枠組壁工法のハウスメーカーよりは高気密が期待できそうです。Q値は 1.8~2.5(ペアガラス)とされていますが、トリプルガラスにすれば高断熱も可能でしょう。耐震性においては、枠組壁工法なら十分でしょう。坪単価はおそらく 60 万円程度なので、他の大手ハウスメーカーよりはコスパが良いのではないでしょうか。

東急ホームズ・ミルクリーク

枠組壁工法(2×6)の輸入住宅を比較的低価格で提供しています。気密性能については公表がなく、吹付け断熱ではないため 2.0 以下くらいでしょうが、Q 値は 1.07 と公表されています。窓は木製サッシのペアガラスになりますが、熱貫流率は 2.33 W/㎥Kとのことなので、一般的なハウスメーカーの標準仕様と同程度です。なぜここまで Q 値が低く出るのかは少し疑問です。耐震性においては、ツーバイシックス工法なので問題ないでしょう。全館空調も選択可能です。坪単価はおそらく 60 万円程度なので、他の大手ハウスメーカーよりはコスパが良いのではないでしょうか。

最後に

断熱性能・気密性能・耐震性能・価格の 4 点に関してだけ見れば、魅力的なハウスメーカー・ビルダーは多数見つかりそうです。私も次に家を建てるなら、こうしたところで建てたいと思っています(ないと思いますが)。他にも同規模で条件を満たすハウスメーカーやビルダーがありましたら、紹介したいと思います。なお、当サイトで紹介しているからといって、総合的に見てお勧めできるかどうかは別問題ですので、その点はご了承ください。

工務店など

工務店などでは大手ハウスメーカーより低コストで家を建てられるところが多数あります。当サイト推奨レベルの高断熱・高気密に対応可能な業者のリストを作成したのでご参考までに。情報提供も募集しています。

当サイト推奨の高断熱・高気密レベル(以下)の両方に対応できると思われる全国のハウスメーカー、ビルダー、工務店、建築事務所を紹介します(高断熱...

フォローする