電気工事士の資格を取得しようと思います。

住宅についていろいろと学んだ結果、どの部材がどのような機能を果たしているのかということは概ね分かってきたつもりですが、電気設備に関してはよくわかりません。電気に関する勉強は小学校以来ほとんどした記憶がないし、住宅内の電気設備は電気工事士の資格がないとイジることもできません。ブラックボックスです。

しかし、住宅のメンテナンスなどを DIY でやろうとすると、電気に関する知識や技能、資格は欠かせません。
電気工事士の資格があれば、コンセントボックスの気密処理も適切に処理できるし、自宅に 30 箇所以上ある照明器具も自分で交換できるようになるし、その他にもやりたいことがいくつか可能になります。単に、よく知らない分野を勉強したいという気持ちもあります。

そこで年始頃から電気工事士資格に興味をもち、調べていたら、少し費用はかかりますが、意外と簡単に取得できそうで、メリットも大きいことに気づきました。

試験の詳細は以下のとおりです。

第二種電気工事士試験 | ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター

第二種電気工事士であれば 80 時間ほどの勉強で合格レベルに達するそうだし、合格率も高めです。

そういうわけで、次回(2023年5月末頃)の筆記試験に向けて、ぼちぼち勉強を開始しようと思っています。

定評あるテキストは、2023年版用の書籍(↓)が本日発売されたので、さっそく購入し、正月休みなどに取り組むつもりです。

ちなみに技能試験に関しては、以下で対策しようと思っています(Amazonより安価ですが、メルカリなどで安く入手したり、練習材料をレンタルしたりもできるようです)。




累計20,000セットの販売の電気工事セット

合格できたら報告したいと思います。

関連 LED照明のタイプで後悔。寿命と交換タイミングの問題【築7年】

コメント

  1. 匿名 より:

    ついに、ですね!私も今年取得したので応援しています。
    テキストだけだとどこが肝なのかやや分かりにくいので日本エネルギー管理センターのYoutubeを是非見てみてください。
    実技に関してもこのチャンネルのやり方をマスターしたら試験場最速レベルで終えられました。
    実技の材料やツールはメルカリで購入するとかなり安上がりです。

    • さとるパパ より:

      ありがとうございます!
      チャンネル登録してみました。
      メルカリもチェックしてみます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました