耐震等級3を超える耐震性能を求める理由

シェアする

当サイトでは、「耐震等級 3 を超える耐震性能」を求めています。大震災レベルの地震が起きてもそのまま住み続けることができる耐震性が必要であるとすると、耐震等級 3 でも不十分だと思うからです。ここでは、そう思うようになった経緯について説明します。

震度 6 は起こるものと想定すべき

日本の住宅の寿命は平均で 30 年程度ですが、これでは一生住むことができません。住宅は高いので、できれば一生に一度の買い物にしたいものです。60 年くらいは持ってほしいと思います。その間、地震に遭うことは避けられません。今後 30 年以内に震度 6 弱以上の地震が起きる確率は、我が家では 50% 以上あります(地震ハザードステーションから確認できます)。震度 6 弱は起きて当然のものと認識し、震度 6 強程度も想定しておかなければならないでしょう。

耐震等級は倒壊しないかどうかだけ

耐震性能について一番わかりやすい基準は、品確法の住宅性能表示での「耐震等級」です。

耐震等級

日本の建築基準法は震災のたびに見直されており、現在は、基準を満たせば(=耐震等級1)、かなり大きな地震でも倒壊しないレベルの家が建ちます。しかし、倒壊・崩壊まではしなくても損傷は受けます。耐震等級 1 の住宅の耐震性はというと、震度 5 強程度で構造が損傷しないレベルです。言い換えると、起きて当然の震度 6 弱以上では損傷を受ける可能性があるのです。構造に損傷を受けると大規模な修理や建て替えが必要になるため、この 1.5 倍の地震に耐えられる耐震等級 3 は必要ではないでしょうか。

内外装の被害もない住宅が理想

地震の被害を受けた住宅について調べると、倒壊しなくても、クロスに破けたり、窓枠の四隅の壁(石膏ボード)に亀裂が入っていたり、外壁が剥がれ落ちたりしていることが多くあります。見た目にはひどい被害ですが、これらは構造体の損傷ではないため、より簡単に修理できます。しかし、このような状態では気密性が著しく低下していることが推測されます。地震後に遮音性が低下し、外の騒音に悩まされるという話もよく聞きます。

望ましいレベルの気密性を備えた住宅は少ないのに、さらに性能が落ちてしまっては、快適な住宅は実現できません。となると、阪神大震災レベルの地震で内外装に被害が生じないレベルの耐震性が求められます。内外装を含めた損傷を最低限に抑えるには、揺れを抑えることが肝心です。そこまでのレベルを求めると費用が高くなりそうですが、枠組壁工法(ツーバイフォー、ツーバイシックスなど)では低コストで実現することができます。また、最近では制震装置も普及し、標準装備とされるケースも増えてきています。

フォローする