結露

高気密高断熱住宅

グラスウールの性能低下と劣化に関するデマ?

グラスウールは低価格で広く普及している断熱材ですが、「きちんと施工されていないと断熱効果を発揮できない」、「水を吸って重くなってずり落ちる」などという批判を受けることがあります。 本当ならば大問題ですが、これに関しては誤解も多いので、...
高気密高断熱住宅

ペアガラスの結露の発生量を実際の画像で比較する

わが家では、同じ部屋に断熱性能の異なる 2 タイプの窓を使用しています(窓種の制約のため)。 1 つは、YKK AP の「エピソード」というアルミ樹脂複合サッシで、多くのハウスメーカーの標準仕様になっている断熱レベルの窓です。リクシル...
高気密高断熱住宅

夏型結露の問題と対策

今朝、窓を見ると、ペアガラスの外側が曇り、小さな結露が発生していました。 夏型結露とは 以前書いた結露が発生する条件の表によると、たとえば外気温が 30 度で湿度 90% のときの露点温度は 28 度なので、冷房で冷えた窓ガラス...
湿度管理

結露が発生する条件および対策

冬の結露は悩ましいものです。幸い、今住んでいる戸建住宅では悩まされるほどの結露は発生しません(参考記事:全館空調と結露)。 しかし、以前住んでいたマンションでは、北側の窓の結露がひどく、窓枠の木部が痛んだり、サッシや周辺にカビが生えた...
高気密高断熱住宅

窓の断熱シートやハニカムシェードがお勧めできない理由

冬にホームセンターに行くと、次のような断熱シートやサッシ用の断熱テープなどがよく売られています。高い高性能窓にしなくても家を暖かくできるなら良いものですが、個人的にはあまりお勧めできません。 ニトムズ 窓ガラス断熱シートフォーム2P ...
全館空調・エアコン

全館空調と結露

結露は、快適、健康、丈夫な住宅の大敵です。濡れたままの状態が続くとカビが発生し、カビをエサにダニなども発生します。ダニやカビはアレルギー疾患を悪化させます。また、木材が濡れていると腐朽菌が増殖し、木が腐って住宅の寿命が縮まってしまいます。結...
高気密高断熱住宅

関東以西の温暖地でトリプルガラスは必要か?

技術大国日本にしては意外なことに、窓ガラスの断熱性能や気密性能は世界的に見て低レベルなものでした。しかしながら最近は LIXIL や YKK AP などの大手メーカーが樹脂サッシやさまざまな複層ガラスを発売しており、以前よりは高性能な窓が手...
三井ホーム

全館空調の家に実際に住んでわかったこと

全館空調の三井ホームの住宅に実際に暮らして判明したメリット・デメリットとして、結露、床の温かさや冷え性、音の問題や湿度調整の難しさについて率直な感想を述べます。また、全館空調に関するお金の問題・代替案などについての記事も紹介しています。
高気密高断熱住宅

高断熱住宅は結露が発生するという誤解

高断熱住宅は結露が発生するという人がいますが、結露が発生する原因は断熱性がそれほど高くないからか、換気の問題です。十分に高い断熱性があれば、換気が効いている限り結露は発生しません。結露が発生するのはむしろ、高断熱でない住宅です(室内外の温度...
タイトルとURLをコピーしました