木材やエコカラットなどの調湿効果に対する疑問

シェアする

木造住宅や珪藻土、エコカラットなどには調湿効果があり、過湿時は湿気を吸収し、乾燥時は湿気を放出して適度な湿度を保つことができる、と言われています。機械や電気に頼らず天然素材で湿度を調整できるなら、それに越したことはありません。しかし、この調湿効果は過信してはならないと思います。ここでは、木造住宅の調湿効果、内装材による調湿効果と、その定量的な評価について紹介します。

木造住宅に調湿効果はない

木造住宅に調湿効果があるというのは、昔の話です。現代の住宅においては基本的に、構造部の木材と室内との間で湿気の移動がありません。防湿シート(ベーパーバリア)が、内壁となる石こうボードの奥(断熱材より室内側)に貼られるからです。このため、調湿効果という点では、木造住宅だろうが鉄骨住宅だろうが関係ないのです。もちろん、防湿シートにも隙間があり、完全に湿気が移動しないわけではありませんが、おそらく微々たるものでしょう。

調湿効果を期待するなら、内装材で行うことになります。無垢材のフローリングや、珪藻土、エコカラットなどを利用することができます。洗濯物を乾かす場所や、脱衣所に設置すると、早く乾くといった効果は期待できそうです。

ただし、注意が必要なのは、調湿効果は慢性的な過湿状態や乾燥状態には効果がないということです。ふだん乾燥しているところに湿気が入ってきたときは吸収できますが、いつもジメジメしているところでは吸湿材が飽和状態になり、それ以上吸収できなくなってしまいます。吸収したあとに乾燥状態が続くような設置場所でないと、吸収力は戻りません。放湿についても同様です。

続いて、調湿を期待したいケースを考えてみると、あまり実用的でないことが想像できます。

調湿が必要なケース

・冬の結露対策
調湿効果が結露対策として宣伝されていることには疑問を感じます。軽い結露なら多少は効果があるかもしれませんが、結露がひどいのは主に北側のアルミサッシの窓です。よほど風通しの良いところ以外は常にジメジメしているため、すぐに飽和状態になってしまうのではないでしょうか。冬に結露を発生させないに湿度を下げるというのは困難です。冬は基本的には乾燥しているため加湿が必要であり、過湿に注意することはできても、北向きの部屋だけ湿度を下げることはできません。それより、結露が発生する場所(=家の中の温度差が大きい箇所)を無くすことが一番の対策であり、それはやはり窓サッシの高断熱化だと思います。

・冬の過乾燥対策
効果がないとは言いませんが、乾燥した日が続くと効果は期待できません。冬場は暖房を入れると相対湿度が下がるため、常に加湿する必要があります。加湿器を利用する方が確実でしょう。

・梅雨時の過湿対策
梅雨時は反対に湿気が多い日が続くため、すぐに飽和状態になって吸湿しなくなるものと思われます。常に除湿する必要があるので、除湿器が確実です。

このように、調湿材は一時的な湿度の変動を和らげる効果しかないので、役立つケースは限定されそうです。前述のように、やはり部屋干しを行う部屋や、脱衣所での利用が良いのでしょうか。

次に、部屋干しに利用するとして、その除湿能力を除湿器と定量的に比較してみたいと思います。

調湿材の定量的な評価

珪藻土の 5~6 倍の吸湿量があるというエコカラットのサイトを見ると、吸湿量は 24 時間で平米当たり 0.4L くらいのようです。わが家の除湿器(コロナ社製衣類乾燥除湿器)は 1 日に約 6L の除湿能力があるので、エコカラット 15 平米分に相当します。同じ効果を期待するなら、高さ 2m、幅 7.5m 使えばいいのですね。高そう。。

もちろん、調湿材は電気を使わず、静かというメリットはありますが、乾燥させる時間も必要であり、いつも効果を期待できるわけではありません。あくまで補助的なものと言えるでしょう。

わが家で利用している調湿材

ちなみに、わが家では一部に無垢の床材を使用しています。その調湿効果の恩恵はというと、正直よくわかりません。除過湿は空調や除湿器、加湿器で行っており、極端な過湿・乾燥状態にならないせいかもしれません。強いて言えば、梅雨や夏の湿度が高いときの足のベタ付きが、ふつうの複層フローリングと比べてちょっとマシかもしれません(あまり意識していなかったので記憶があいまいです)。

なお、エコカラットをリビングに採用している家を知っていますが、梅雨か夏の湿度は80%を超えることもあり、効果はよくわからないそうです。主にインテリアとして考えているので問題ありませんが、そんな感じです。

フォローする