UA値

高気密高断熱住宅

大手ハウスメーカー全社の断熱性能(UA値)比較ランキング【2019】

快適さと光熱費に大きく影響する断熱性能(UA値)について大手ハウスメーカー全13社の現状をご紹介。高断熱で何が変わるか、断熱部位ごとの各社の弱み、気密性能についても触れています。UA値だけではわからない、快適住宅を建てるために役立つ情報を紹介しています。
高気密高断熱住宅

Q値とUA値をざっくり計算するツール Ver.2.0

窓、壁、床、天井(または屋根)の熱貫流率と各面積を入力することにより、概算で Q 値(熱損失係数)と UA 値(外皮平均熱貫流率)を計算するツールを作成しました。 細かい計算を省略した簡易的なものですので、注意事項をご確認のうえ、ほん...
高気密高断熱住宅

外皮平均熱貫流率UA値とは?数値に実感がもてる(?)解説

現行の省エネ基準で住宅の断熱性能を表す指標として使われている UA 値(外皮平均熱貫流率)とは、どのような数値なのでしょうか。 熱損失係数 Q 値についての実用上(?)の解説に引き続き、UA 値とは何かについての解説を試みたいと思いま...
高気密高断熱住宅

Q値⇔UA値換算ツール

断熱性能を示す熱損失係数(Q値、W/㎡・K)と外皮平均熱貫流率(UA値、W/㎡・K)の換算ツールを作成しました。 Q 値と UA 値は似て非なる指標ですので、あくまで目安としてご利用ください。 参考 断熱性能を示...
高気密高断熱住宅

UA値、Q値が冷暖房費に比例しない理由

外皮平均熱貫流率(UA値)とは、内外の温度差が 1 度の場合の部位の熱損失量の合計を外皮等の面積の合計で除した値であり、断熱性能を表す指標として現在採用されています。 一方、熱損失係数(Q値)は、内外の温度差が 1 度の場合の住宅全体...
高気密高断熱住宅

UA値が小さいはずなのに光熱費がかかる住宅の特徴 6 つ

断熱性能を表す UA 値(外皮平均熱貫流率)は小さいほど断熱性能が高いことを意味します。家と外を移動する熱量が少ないと冷暖房の光熱費が安く済み、快適になるはずですが、例外もあります。ここでは、UA 値だけに注目していると見落としがちなポイン...
高気密高断熱住宅

関東以西の温暖地における理想の Q 値、UA 値は

断熱性能を表す Q 値や UA 値は小さいほど良いといいますが、小さくするほどコストがかかります。北海道などの寒冷地では Q 値 1.0 以下の高断熱住宅に大きなメリットがあると思いますが、関東以西の温暖地でそこまで必要かは悩みどころです。...
高気密高断熱住宅

H25省エネ基準の最高等級4で高断熱住宅と言えるか

平成25年改正省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)というものがあります。この基準を満たすと、断熱等性能等級 4 (最高等級)に認定され、省エネ住宅であるというお墨付きを得ることができます。最高等級と表示されていると、ふつうは高性能な住...
高気密高断熱住宅

大手ハウスメーカー全社の断熱性能(UA値)比較ランキング【2017】

断熱性能はUA値(外皮平均熱貫流率)で比較できます。注文住宅の大手ハウスメーカー(年間実績3千戸以上の全12社)のUA値ランキングを紹介します。高断熱の効果は気密性能が低いと低下するため、各社の気密性能(C値)にも簡単に触れています。
高気密高断熱住宅

断熱性能を示すQ値とUA値の違いと注意点

断熱性能を示すQ値とUA値の違いと注意点について解説します。UA値は複雑な形状で熱損失量が増えることが考慮されず、熱交換換気も考慮されません。一方、Q値は天井高が高い、屋根断熱をしているなど、表面積が大きいと不利になる傾向があります。
タイトルとURLをコピーしました