遮熱

日射熱

夏の日射熱対策のカギは西日にあり。その理由と対策

西日はよく嫌われていますが、嫌われるのには訳があります。ここでは、方位別の日射量と気温の変化から西日が嫌われる理由を確認し、その対策について考えたいと思います。 方角別の窓から入る日射熱量 太陽の軌道は季節によって変わるので、季...
日射熱

遮熱材が効くところ、効かないところ

温暖地の住宅では、断熱だけでなく遮熱も大事ということを聞きます。しかし遮熱は万能ではなく、実際には効くところと効かないところがあります。 遮熱の効果はさまざまな条件によって変わるので評価が難しいのですが、遮熱材の宣伝には過剰広告がよく...
全館空調・エアコン

エアコン畳数と断熱性能の関係(一般的な住宅の場合)

エアコンを選ぶ際の目安として畳数表記がありますが、これには多くの問題があります。必要なエアコン能力は、エアコンを使う場所、日射・断熱条件、気密性、エアコンの使い方などによって変わるからです。特に問題なのは、この畳数表記の基準が制定されたのが...
日射熱

落葉樹による日射遮蔽はあまり期待できない

積水ハウス・シャーウッドのことを批判的に取り上げながらも実はシャーウッドの雰囲気が好きな私は、シャーウッドで提唱されていた「落葉樹による日射遮蔽」という方法をわが家に導入しようとしました。 以前、「落葉樹による日射光調節のススメ」なん...
高気密高断熱住宅

トリプルガラスは暑すぎるという誤解

自宅を建てる際にトリプルガラスを検討していたという話をしたとき、「温暖地でトリプルガラスは暑すぎるのでは?」という感想をもらいました。 ペアガラスでも暖かそうなのにトリプルガラスはオーバースペックではないか、と思うのは一般的な感覚だと...
日射熱

日除け方法ごとの数値で見る夏の日射遮蔽の重要性

夏を快適に過ごすためには窓の日射遮蔽が重要であるということはよく言われます。 日本建材・住宅設備産業協会によると、夏場、室内に入ってくる熱の約 70 %は窓からだそうです(細かい条件は不明です)。 日射遮蔽が重要なのは、高断熱住...
日射熱

サンシェードが必要なのは南面ではない

夏に冷房費用を抑え、快適な住まいを実現するためには、窓の日射遮蔽が欠かせません。わが家は南北に長い形状であり、それほど日射の影響を受けやすいほうではありませんが、設計段階では以下のようなことを考えて対応しました。 参考 日射の管理で実...
日射熱

落葉樹による日射光調節のススメ

落葉樹を窓際に植えると、夏は涼しくなり、冬は暖かい日差しを受けることができます。オススメの樹種を紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました