外壁通気層なしの工法の注意点

近年の住宅では外壁に通気層を設ける工法が一般的ですが、なかには通気層のない工法を採用している住宅会社もあります。

ここでは、通気層の役割を考えることにより、通気層の有無によってどのような配慮が必要になるのかを考えたいと思います。

スポンサーリンク

外壁通気層のメリット

まず、外壁に通気層を設ける第一の目的は、木造住宅の耐久性を高めるためです。木材の強度や耐久性を考えるときに鍵となるのは、乾燥状態が保たれるかどうかです。壁内に通気層があったほうが、内部に入った水蒸気が排出されやすくなり、乾燥状態を保ちやすくなることは明らかです。

もちろん、通気層があるだけで十分とは限らず、それが機能するような設計・施工になっている(出入口がふさがれていない)ことと、壁内に入り込む水蒸気量を減らす工夫(気流止め、防湿層)が施されていることも重要です。

しかし、外壁通気層のメリットはそれだけではありません。耐久性向上という点では上記と同じですが、防水の仕組みとしても有効です。

住宅金融支援機構の工事仕様書の解説には、次の記述があります。

外壁内通気措置とした場合には、万一、外装仕上材の継目等から外壁内に雨水が侵入しても、侵入した雨水や湿気が通気層を通じて屋外に排出されて滞留しにくいため、木部の腐朽を防止する機能を有する。

このように、通気層は防水上のフェイルセーフの仕組みとしても機能しているのです。

さらなるメリットとして、通気層には高温になる外装材の熱を外壁内に伝えにくくする効果もあります。日光の当たる外壁の外装材は、日射角度と時間によっては 50℃くらいになることがあります(これは最も外側にある外装材の日射熱吸収率(あるいは反射率)に依存し、屋根よりはマシです)。

この熱は、外装材の内側に通気層がある場合、温度が高ければ高いほど強くなる上昇気流によって排出され、外気温に近づけられます。これにより、冷房期の断熱の負担が軽減される効果も期待できます。

外壁通気層なしの工法の注意点

これらのメリットが大きいことと、外壁をサイディングにする場合に外壁通気層が必須になることから、外壁通気層は多くの住宅で採用されています。

しかし世の中には、外壁通気層を採用しにくい工法もあります。外装材が断熱材を兼ねているような場合です。このような場合に通気層を採用すると、通気層(外気)の外側にある断熱材は住宅の断熱性能としてカウントできなくなるため、通気層がないほうが都合がよいことになります。

すると外壁内の水分排除が課題になりますが、外装材自体の透湿性が高く、最も外側の面(塗装など)に透湿・防水層を設けることができるのであれば、理論上は問題ありません。実際、そのような工法を採用している住宅会社も一部にあります。

ただ、この場合、通気層工法と違って、万一雨水が侵入した場合の保険はありません。長期にわたって防水層が途切れないようにするには、防水層にヒビが入らないよう、防水層に耐久力のある伸縮性があることが求められます。住宅自体にも高い耐震・制振性能が要求されるし、塗り替えなどの徹底したメンテナンスも欠かせません。

前述の仕様書には、以下の記述もあります。

外壁内通気措置を施さない場合は、雨水や湿気が雨漏りや腐朽の原因となる可能性が高いため、軒の出及びけらばの出を十分に確保し、外壁への雨がかりを少なくする対策が望まれる。

また、通気層がない工法の場合、日射で暖まった外壁面の温度を緩和する仕組みもありません。充填断熱を併用し、断熱材を兼ねる外装材と併せて分厚い断熱面を構成しているのであれば問題ありませんが、外壁全体の断熱性能が高くない場合には、注意が必要でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました