排水管高圧洗浄キャンペーンは利用すべきか?

シェアする

わが家のポストに、「排水管高圧洗浄キャンペーンのお知らせ」というチラシが投函されていました。戸建住宅でおろそかにされがちな排水管洗浄を地域一斉工事により格安で実施するという内容です。施工業者は、ホームエクスプレスの「ライブウェル株式会社」と記載されています。

「怪しい」と思いつつ、排水管を洗浄せずに放置していて大丈夫なのかは気になったので、まずは調べてみることにしました。

気になった点は以下のとおりです。順に確認していきます。

排水管の高圧洗浄は必要なのか?

調べてみると、排水管の高圧洗浄自体は推奨されることのようです。

しかし、排水管が詰まるかどうかは、配管の複雑さや、生活スタイル(油の処理方法など)によっても変わってきます。高圧洗浄をしなくても何十年も問題が生じないケースもあれば、新築戸建でもたった 2 年で詰まるケースもあるようです。

排水管の汚染によって排水が悪くなっている場合は、高圧洗浄を実施することで改善することがあります。

ちなみにわが家も、築半年で風呂の排水にやたら時間がかかるようになったことがありました。床排水口にパイプユニッシュを流しても改善しないので悩まされました。が、バスタブの栓を引き抜いてみたところ、栓の下にヘアキャッチャーがあり、そこに髪の毛が詰まっていたことが原因でした。。。以前の住宅は栓にヘアキャッチャーがなかったので気が付きませんでした。

高圧洗浄はどのタイミングで行うべきか?

高圧洗浄が必要だとして、どのタイミングで行うべきことなのでしょうか。

結論から言うと、定期的に洗浄したうえで、10 年に 1 回程度、専門業者による高圧洗浄を行うのが良いそうです。

一般的なことについては、三井ホームの入居時に配布された『お住まいのしおり(ホームケアガイド)』に説明されていました。

三井ホームの『お住まいのしおり』の説明

三井ホームの定期点検では排水管や排水桝について何か指摘された記憶はないのですが、冊子にはきちんと記載されていました。

排水設備の手入れについてまとめると、

  • キッチンの排水管は1カ月に1回、洗面台や浴室などの排水管は3カ月に1回を目安に専用洗浄剤で手入れする
  • 10年に1回、専門業者による高圧洗浄をおすすめする
  • 排水桝を季節ごとに点検し、異物を取り除く

とのことです。

わが家の汚染状況を確認する

わが家はというと、汚れが気になったときにパイプユニッシュを使っているだけです。排水桝は、開けたことすらありません。

1 年半ほど放置していたので、やばい状態になっているかもしれない、と思い、初めて排水桝を点検してみることにしました。

排水桝とは、家の外で排水管の合流部に設置される設備であり、フタを開けて汚水の流れを見ることができます。わが家の場合、直径 17 cm ほどの、「おすい」と書かれたマンホールのようなものでした。マイナスドライバーを使って簡単に開けることができます。

写真でも撮って「グロ注意」として掲載しようかと思いましたが、見たところ大した汚れはありません。台所の水を流しても、スムーズに流れています。

一応、ちょっとした汚れは散水用ホースリールのジェットモード(水はね注意)で流しましたが、ゴム手袋をして掃除するようなレベルの汚れはありません。これなら、10 年くらいは問題なさそうな気がします。

わが家の方針

10 年に 1 回の高圧洗浄が推奨されていますが、汚染具合や流れ具合は排水桝をチェックすればわかるので、それに応じて、ひどくなる前に高圧洗浄を頼もうと思っています。

また、パイプユニッシュプロ(Amazon ページ)などによる化学的な洗浄も、汚染の進行を遅らせたり、軽度な詰まりを解消する効果が期待できるので、もっと高頻度に、定期的に行っていこうと思いました。

どこに依頼すべきか?

いつか高圧洗浄を頼むとして、どの業者に高圧洗浄を頼めばよいのでしょうか。

わが家に配布されたチラシについて調べてみると、さまざまな自治体が同様の業者について注意喚起を行っていました。木更津市役所で紹介されているケースは、わが家に投函されていたチラシとほぼ同じ内容です。

主な問題は、安いと目を引く洗浄料金が、実は全部込みの料金ではなく一カ所あたりの洗浄料金である、という点です。しかも、一カ所の定義が小さく注意書きされており、本管は 4m ごとに一カ所とカウントするなどの決まりがあります。それに加え、洗浄剤などのオプションが用意されていたり、家に上げる際に他の営業機会をチェックされたりするので、結果として膨大な請求額になるケースがよくあるようです。悪徳さおだけ屋や無料廃品回収業者みたいなものですね。

一方で、同社のサービスを利用して満足している方の情報も見つかります。複数の業者から見積・点検を受け、料金システムを十分納得したうえで利用していれば、特に問題はないのかもしれません。

しかしながら、消費者の不安をあおったり、不誠実な料金説明をしたりする会社は、私は頼りにしたくありません。

頼むなら、旧知の水道業者か、近所の複数の業者に見てもらい、見積もりをとって検討したい、と思ったしだいです。

参考
建物の長期保証システムは必要か?
メンテナンスフリーの住宅を目指すべきではない理由

フォローする