快適住宅を実現するチェック項目 7 つ

シェアする

住み心地の良い、健康で快適な住宅を実現するために必要なことを、重要だと思う順にチェックリストにまとめてみました。

各項目の理由については要点のみを紹介するので、詳しくは各関連記事をご覧いただければ幸いです。

なお、ここでは「快適さ」だけに焦点を当てているため、経済的な最適解ではなかったりと、万人にお勧めできるものではないことをご了承ください。

この結論は、わが家を建てる際に考慮したことに住んでわかった反省点を加えたものであり、わが家もこの条件をすべて満たしているわけではありません。

チェックリスト

□ 耐震等級 3 を確保している

高断熱のメリットを受けるには長期にわたって高気密を維持する必要があり、そのためには地震などによる変形が小さい必要があります。ツーバイ工法などの面構造の工法を採用するか、制震装置を付けることがお勧めです。

関連記事:
耐震等級3を超える耐震性能を求める理由
面構造と軸組工法
C値(相当すき間面積)について

□ 熱損失係数(Q値)が 1.6 以下である

Q 値 1.9 以下でもなかなか快適になると思いますが、さらに部屋間の温度差が小さい Q 値 1.6 以下はもっと快適です。関東南部を基準にしているので、寒冷地の場合はもっと高断熱である必要があるでしょう。HEAT20 G2 レベルが目安です。

関連記事:
断熱性能はどこまで求めるべきか(Q値とUA値)
断熱性能を示すQ値とUA値の違いと注意点

□ 相当すき間面積(C値)が 1.0 以下である

すき間風による悪影響や湿度管理の観点からは、できる限り高気密であることが求められます。また、第三種換気が機能するためには最低でも C 値 1.0 以下が必要でしょう。

関連記事:
気密性能はどこまで求めるべきか(C値)
第一種換気と第三種換気 – それぞれの特徴とコスト、デメリット

□ 日射遮蔽を徹底している

日射の管理を適切に行わないと、どの季節でも暑くなりすぎる可能性があります。逆に、冬に入る日射しは足元を暖かくしてくれるので、うまく取り入れたいものです。

関連記事:
日射の管理で実現する省エネ住宅

□ 全熱交換型の第一種換気方式を採用している

光熱費などのメリットは期待できませんが、全熱交換型の第一種換気を採用すると、夏は 60% 以下、冬は 40% 以上の快適な湿度範囲を実現しやすくなります。風呂やキッチンの換気に注意を払うと、このメリットを最大化することができます。

関連記事:
湿度管理でカビ・ダニ・ウイルスを減らす!
第一種換気と第三種換気 – それぞれの特徴とコスト、デメリット
浴室の換気扇を止めたほうが省エネ・快適になる理由
キッチン換気はあえてのショートサーキット

□ 冷風が人に直接当たらない位置にある

エアコンなどの風は直接当たらないようにしたほうが快適です。第三種換気の場合、給気口から入る冷気に注意を払うことも重要です。

関連記事:
全館空調の設計時は吹出口の位置と向きに注意

□ 寝室の窓にシャッターがある

窓だけでは暴風雨のときに雨音がうるさいので、寝室にはシャッターが必要です。

関連記事:
後悔している住宅仕様:寝室の窓とシャッターとダウンライト

今のところ以上です。

その他、気づいたら追記します。

フォローする