高断熱住宅の温度差

高断熱住宅の温度差

基礎断熱 vs. 床断熱 – メリット・デメリットと注意事項

一条工務店を含む多くのハウスメーカーや多くの工務店では床断熱が一般的ですが、高断熱を得意とする住宅会社を中心に、基礎断熱を採用しているところも多くあります。 個人的にはどちらでもよく、施主が注文を付けるよりも住宅会社に任せるのが良いと...
高断熱住宅の温度差

全館空調の部屋間の温度差を測ってみた【追加版】

エアコンの付いている部屋と付いていない部屋との温度差は、家の断熱性能が高ければ高いほど小さくなります(参考)。また、全館空調でも、ダクトを通じてほぼすべての部屋に冷暖房された空気を供給するため、部屋間の温度差は小さくなります。実際のところは...
高断熱住宅の温度差

断熱仕様を変えずに家中の温度差を小さくする方法

トリプルガラスでは温度差が気にならない住宅が多い印象ですが、ペアガラスの住宅では、APW330 などの高性能ペアガラスを使っていても、家の上下や部屋間で多少の温度差が発生しがちです。これらの温度差は、断熱仕様を変えなくても、さまざまな工夫に...
高断熱住宅の温度差

高断熱ほど部屋中の温度差が小さくなる理由【図説】

断熱性能が高いほど家中の温度差が小さくなるということはよく言われていますが、どうしてなのでしょうか。以前、部屋の熱損失を計算する方法で解説を試みましたが、まだわかりにくいと思ったので、下手なりに図を描いて再度説明してみたいと思います。 ...
高断熱住宅の温度差

高断熱ペアガラスでエアコンを連続運転するとどうなるか?【アンケート結果】

当サイトでは住宅についていろいろ述べていますが、個人的には最大の問題が解けていません。 それは、結局のところ、どういう住宅がお勧めなのか、という問題です。さまざまな住宅の問題やメリット・デメリットはある程度把握していても、限られた予算...
耐震性能

吹き抜けのメリット・デメリット ~ 寒くない?耐震性は?

吹き抜けのメリットは、言うまでもありません。高い位置から光が差すと家が明るくなり、開放感があります。冬の日差しは暖かです。ボール遊びもできます。以上。 吹き抜けのデメリットとしては、寒いという問題と、耐震性能が落ちるという問題がよく挙...
高断熱住宅の温度差

エアコンを連続運転するメリット

条件によってはエアコンの連続運転が省エネになるということを以前投稿しましたが、エアコンの連続運転には電気代以外に大きなメリットがいくつもあります。実体験を踏まえ、紹介したいと思います。 ・部屋間の温度差が小さくなる エアコンを連続運...
高断熱住宅の温度差

昭和の木造住宅、RC造マンション、ツーバイシックスの住み心地

私が南関東でこれまでに住んだ住宅は、築50年以上の木造住宅、1990年代に建てられた鉄筋コンクリート(RC)造マンション、そして三井ホームの全館空調・ツーバイシックスの木造住宅の 3 種類です。これらを断熱性能と気密性能の視点から見ると、そ...