高断熱複層ガラス

高断熱複層ガラス

トリプルガラスへのアップグレードで元は取れるか?

高断熱住宅を検討している方にとって、窓サッシの断熱レベルをどの程度にするかは悩ましいところです。高性能ほど良いのは当然ですが、このための追加費用が高いと尻込みしてしまいます。 ここでは、1つの視点として、高性能ペアガラスをトリプルガラ...
高断熱住宅の温度差

断熱仕様を変えずに家中の温度差を小さくする方法

トリプルガラスでは温度差が気にならない住宅が多い印象ですが、ペアガラスの住宅では、APW330 などの高性能ペアガラスを使っていても、家の上下や部屋間で多少の温度差が発生しがちです。これらの温度差は、断熱仕様を変えなくても、さまざまな工夫に...
高断熱複層ガラス

ペアガラスの結露の発生量を実際の画像で比較する

わが家では、同じ部屋に断熱性能の異なる 2 タイプの窓を使用しています(窓種の制約のため)。 1 つは、YKK AP の「エピソード」というアルミ樹脂複合サッシで、多くのハウスメーカーの標準仕様になっている断熱レベルの窓です。リクシル...
高断熱複層ガラス

トリプルガラスは暑すぎるという誤解

自宅を建てる際にトリプルガラスを検討していたという話をしたとき、「温暖地でトリプルガラスは暑すぎるのでは?」という感想をもらいました。 ペアガラスでも暖かそうなのにトリプルガラスはオーバースペックではないか、と思うのは一般的な感覚だと...
高断熱複層ガラス

樹脂サッシの耐久性について

いくら高断熱でエコと言われる樹脂サッシでも、長持ちしないのでは意味がありません。アルミ樹脂複合サッシでも最近は高断熱な商品も現れていますが、断熱性能や結露防止性能に関してはオール樹脂サッシと比べるとやや性能が劣ります(参考:「サーモスXと ...
高断熱複層ガラス

【高断熱ペアガラス】サーモスXと APW330 の比較

リクシルのサーモス X と YKK AP の APW330 は、高断熱のペアガラスを検討する場合にまず候補となる窓シリーズです。 サーモスX は 2015 年に発売された比較的新しいアルミ樹脂複合サッシの窓であり、APW330 は 2...
高断熱複層ガラス

窓の断熱シート等がお勧めできない理由

冬にホームセンターに行くと、次のような断熱シートやサッシ用の断熱テープなどがよく売られています。高い高性能窓にしなくても家を暖かくできるなら良いものですが、個人的にはあまりお勧めできません。 ニトムズ 窓ガラス断熱シートフォーム2P ...
高断熱複層ガラス

窓の断熱レベルは家中で統一すべきか

一軒の住宅では通常、窓シリーズを統一して採用します。一部だけ断熱性能の低い窓を採用したりすると、その部分が弱点となって温度差が生じたりしてしまうからです。 それでも我が家では、どうしても採用したい形状の窓が YKK AP の樹脂サッシ...
断熱性能(UA値とQ値)

ペアガラスの断熱性能はピンキリで、その差は 3 倍以上!

高断熱住宅に欠かせないのが、複層ガラスです。住宅展示場を初めて見た頃はペアガラスであるだけで「すごい!」と思っていましたが、一口にペアガラスと言っても種類によって断熱性能には大きな差があります。窓の断熱性能は熱貫流率 U(W/㎡・K)を比べ...
断熱性能(UA値とQ値)

【比較シミュレーション】高断熱ほど部屋間の温度差が小さい理由

断熱性能の高い住宅ほど部屋間の温度差が小さくなると言われていますが、実際どのくらい小さくなるのでしょうか。わが家のある一部屋をモデルとして単純な熱量の計算を行い、実際の温度差と比較したうえで、窓タイプによって温度差がどう変わるのかをシミュレ...