冷暖房費(電気代)

高断熱複層ガラス

トリプルガラスへのアップグレードで元は取れるか?

高断熱住宅を検討している方にとって、窓サッシの断熱レベルをどの程度にするかは悩ましいところです。高性能ほど良いのは当然ですが、このための追加費用が高いと尻込みしてしまいます。 ここでは、1つの視点として、高性能ペアガラスをトリプルガラ...
全館空調

全館空調の電気代(2018年1月~12月)

2017 年の全館空調(三井ホーム、東芝スマートブリーズ・プラスII)の電気代に引き続き、2 年目となる 2018 年の一年間の電気代も紹介したいと思います。 参考までに、近隣の気温データも載せておきます。 20...
高断熱住宅のエアコン

エネルギー消費効率のCOPとAPF、実態に近いのはどっち?

エアコンなどのヒートポンプ設備の省エネ基準として、最近では COP に代わって APF(通年エネルギー消費効率)での表示が中心になってきました。 どちらも、消費電力当たりの冷暖房能力、つまりエネルギー消費効率を表す点は同じですが、CO...
高断熱住宅のエアコン

全館暖房の時間帯別電気使用量からお得な電気プランを考える

スマートメーターのおかげで時間帯別の電気使用量のデータが確認できるようになったので、全館暖房時の時間帯別の電気使用量を確認してみました。 また、全館暖房では夜間の電気使用量が多くなるので、電気の契約プランによってどのくらいの差が出るの...
高断熱住宅と日射熱

日射熱による暖房費節約効果を消費電力と日射量計算から推定する

Q 値から暖房費を推計してみた結果(月暖房費、ピーク暖房負荷)が想像以上に実際と近かったので、とある冬の一日に、日射熱取得によってどれだけ暖房費が安くなったのかを推定してみました。 結果だけ知りたい方は、最後のセクションだけお読みくだ...
全館空調

全館空調の電気代がルームエアコンよりも安いというトリック

最近の住宅は高断熱になったので全館空調でも電気代が安い、とはよく聞く話です。空調を効かせる空間が広くなり、稼働時間が長くなるのに電気代が安いだなんて、にわかには信じがたいことでしょう。 しかし、三井ホームの「スマートブリーズ」でも、パ...
冷暖房費(電気代)

1世帯当たりの年間冷暖房費はいくらか?【全国平均】

「〇〇を導入すると暖房費が年間 xx%も安くなる」という広告をよく目にしますが、実際のところ、家庭で年間の(冷)暖房費は平均的にどのくらいかかっているのでしょうか。 上記のような広告では比較元の暖房費がシミュレーション結果であることが...
換気

熱交換型換気で暖房費はいくら節約できるのか

熱交換型換気システムは換気の際に逃げる熱を回収するため、暖房費が下がると言われています。一条工務店のロスガードは暖房費を 68% も削減できると宣伝していますが、これが怪しいことは以前書いたとおりです。 宣伝文句は怪しいとしても、実際...
高断熱住宅と日射熱

高断熱住宅ほど冷房費は高くなる?

前回紹介した Q 値と冷房エネルギーの関係を示すデータ(以下に再掲)によると、冷房費は高断熱住宅のほうが高くなるという結果が出ています。 一方で、高断熱住宅のほうが冷房費が安くなるというデータもあります。 両方ともシミュ...
全館空調

空調方式ごとの断熱レベル(Q 値)と暖冷房エネルギーの関係

熱損失係数(Q 値)と暖冷房費の関係について、興味深いデータを見つけたので紹介します。 省エネ法では、住宅の省エネルギー性能を示すために一次エネルギー消費量を算出します。このための算定基準は(財)建築環境・省エネルギー機構のサイトで公...