2018-01

断熱性能(UA値とQ値)

Q 値から算出した暖房費の理論値と実測値の差を検証してみた

暖房費は一定の条件下で Q 値に比例するということを以前の記事で紹介しましたが、理論値と実測値の間には誤差が付き物です。実際のところ、Q 値から計算した消費電力量(電気代)と実際に検針される電気使用量との間ではどのくらいの誤差が生じるのでし...
三井ホームに住んで

過去最強クラスの寒気で起きた我が家の(小さな)トラブル

先日から過去最強クラスの寒気が来ている影響で、東京近郊にある我が家も氷点下 4 ℃ ほどの最低気温を記録しています。数年ぶりの大雪もあり、次の写真のようにペアガラスにも雪が積もる状態でした。ちなみに室内の温度は 23 ℃です。 ...
気密性能(C値)

C値(相当すき間面積)について

気密性能を表す指標としてよく使われる C 値(相当すき間面積)について紹介します。なお、「すき間相当面積」という表記も見かけますが、住宅金融支援機構の仕様書では「相当すき間面積」の用語が使用されていたのでこれを採用します。 C 値とは...
高断熱複層ガラス

窓の断熱シート等がお勧めできない理由

冬にホームセンターに行くと、次のような断熱シートやサッシ用の断熱テープなどがよく売られています。高い高性能窓にしなくても家を暖かくできるなら良いものですが、個人的にはあまりお勧めできません。 ニトムズ 窓ガラス断熱シートフォーム2P ...
高断熱複層ガラス

窓の断熱レベルは家中で統一すべきか

一軒の住宅では通常、窓シリーズを統一して採用します。一部だけ断熱性能の低い窓を採用したりすると、その部分が弱点となって温度差が生じたりしてしまうからです。 それでも我が家では、どうしても採用したい形状の窓が YKK AP の樹脂サッシ...
三井ホームに住んで

全館空調の臭いの問題についての実体験

三井ホームの全館空調スマートブリーズにはデンソーと東芝の 2 種類がありますが、東芝の場合の換気システムは全熱交換型です。顕熱交換型では居室内の湿気をそのまま排出するため臭いの問題はありませんが、全熱交換型の場合、湿気とともに臭いも室内に戻...
三井ホーム

三井ホームで全館空調なしという選択

三井ホームの全館空調は人気の仕様でもありますが、その初期費用、維持費用はどうしても高くなってしまいます。我が家は全館空調を採用しましたが、正直なところ、少し後悔している面もあります。ここでは、全館空調を採用しない場合に費用や快適さがどうなる...
三井ホーム

三井ホーム・全館空調のメンテナンス費用と総費用

三井ホームの全館空調(東芝スマートブリーズ・プラスII)にはメリット・デメリットがありますが、問題はお金です。お金を気にしなければ採用するメリットの方が大きいとは思いますが、コスパはやはり重要です。三井ホームでは過半数の人が採用するよう...