トップページ

地震に強く、快適かつコスパの良い住宅とは、どのような住宅でしょうか。

「さとるパパの住宅論」は、この基本的なテーマを追求します。
いくつか注意するだけで、暑さ寒さに悩まされない快適でトータルコストの低いエコハウスが実現します。

施主・住人による高性能住宅入門サイトとして、少しでも参考になる点があれば幸いです。

サイトに関する情報はこちら全記事の見出し一覧はこちらをご覧ください。

※当サイトの更新は不定期です。新規記事は 2 週間に 1 つ以上くらいを心がけています。

お知らせ

1月の電気代をチェックしたら、約4万円で、全館空調分が2万円ほどでした(オール電化ではありません)。
火力依存度の高い東京電力エリアは燃料費調整額が高いので、ちょっと設定温度を下げたりしています。
関西や九州が羨ましいです。

ピックアップ記事

三井ホーム・築後の気密改善計画
高気密は大事だとさんざん書いている当サイトですが、わが家はそれほど高気密ではありません。C値でいうと、1.2だか1.3だか忘れましたが、その程度であり、中途半端なレベルです。
これはできるものなら何とかしたいと思い、築後6年目にして、少し...
高断熱住宅に向く加湿器の選び方
「高断熱住宅で加湿器に頼らずに乾燥を防ぐ方法」に書いたように、加湿器はできれば使わないほうが良いと思いますが、わが家のように「冬はどうしても乾燥してしまう」という場合には、やっぱりあると便利です。

現在使っている加湿器は気づいたら 1...


※2022年現在の機種に更新しました。

HEAT20 G1・G2・G3(断熱等級7まで)の各基準について思うこととR-2000住宅
HEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)という団体が、推奨される断熱性能のレベルとして G1・G2・G3 などの基準を発表しています。UA値で表にすると、以下のような基準です。

地域区分別のUA基準...


※新設された断熱等級5~7を反映しました。

エアコン暖房が低コストである理由
近年、エアコン暖房は、高効率の暖房手段として高断熱住宅を中心に広まっています。エアコンが高効率で低コストと言われるのはなぜなのでしょうか。ガス、灯油による暖房などと比較してみたいと思います。

各種エネルギーの単価
こちらのページ...

冷輻射は高断熱住宅で気にする必要はない?
高断熱住宅のメリットなどを説明する際に、「冷輻射」という言葉が使われることがあります。Google検索でトップ表示されるページでは、次のように説明されています。
暖房していて部屋の温度は高いのに、窓ガラスの近くに居るとゾクとするのは、自分...
空気線図でわかる相対湿度と絶対湿度、結露と乾燥の関係
空気線図というものがあります。
湿り空気線図、湿度線図とも呼ばれ、湿った空気の絶対湿度と相対湿度、温度などの複雑な関係が 1 つの図にまとめられています。
湿度や結露、乾燥について考えるとき、空気線図を理解していると、非常に役立ちます。...
低気密・中気密は何がどう問題なのか
「C 値 1.0 を下回る高気密性能が大事」とはよく言われているものの、そのレベルの戸建住宅をふつうに提供している住宅会社はまだ多くありません。工法ごとの C 値の平均と標準偏差はこんな感じなので、多くの住宅は 1~5 の範囲でしょう。わが...

テーマ別

タイトルとURLをコピーしました